白保日曜市へ @石垣島

石垣島滞在中、日程に日曜日が入っていれば行ってみたいのが「白保日曜市」。
今年1月の滞在時も寄ってみました。

島の食材を使ったカナっパ弁当に毎度誘惑されるんだけど、朝食を食べた後なので断念(--,)
c0148238_22133257.jpg
c0148238_22132537.jpg
手の温もりを感じて美味しさが伝わってくるのよね。
次回こそは朝食を控えめにしてこなくちゃ。(←朝食抜きという選択はないのか?)


c0148238_22155864.jpg
この日は1月8日。
お正月らしく七草粥も用意されてました。


結局は誘惑に負けて・・・
c0148238_22160887.jpg
c0148238_22162396.jpg
紅芋餅と何餅だったかな?3個セットだったのかしら?
おやつタイムにすることに(^^ゞ
柔らかくて美味しかったわ♡


新春のイベントもありました。
舞踊や民謡のライブがあり、ワタシも石垣島の新年を味わってきましたよ。
c0148238_22163110.jpg
c0148238_22163958.jpg
地元のおばあ達が目を細めて楽しそうに口ずさみ、膝の上で小さく手を動かしながらカチャーシーしてるのが可愛かったなぁ。


日曜市を楽しんだ後は近所をぶらぶら。
c0148238_22164382.jpg
いつも気になる街角の看板。
季節のイベントの張り紙なんかがあるんだけど、この日はやっぱり「謹賀新年」です。


c0148238_22164962.jpg
これで白保散歩はおしまい。
またやーさい!!



[PR]
# by yur-cafe | 2017-12-04 08:50 | 沖縄 | Comments(2)

おぼろ月夜に神楽を

高千穂では毎年11月中旬から翌年2月上旬にかけて、町内二十の集落で夜神楽が奉納されます。
氏神様を神楽宿(民家や公民館)にお招きし、夜を徹して三十三番の神楽を奉納する神事で、ちょうど今頃の季節は地域の方や観光客で賑わっているのでしょうね。

さて、夜神楽は期間限定ですが、高千穂神社では気軽に楽しめる「高千穂神楽」が毎日20時から1時間の公演があります。
演目は三十三番の中から代表的な四番で、町民の方のボランティアで行われてるそうです。

夕食後、ホテルの送迎車で高千穂神社へ。


c0148238_13085430.jpg
こちら、神楽が舞われる舞台「神庭(こうにわ)」の飾り。(この飾りの下が舞台)
神庭は四方を彫り物という紙細工で囲み、更に七五三縄(縄の束が3本、5本、7本になっている縄のこと)を飾るそうです。
写真では分かり難いですが、舞台奥に天照大神が隠れた岩戸のセットがあります。

正直いうと観光の一つとして”なんとなく”訪れた高千穂神楽ですが、舞台を見た瞬間に神聖な気持ちに。
時間がくるまでにこれから始まる神楽のストーリーを予習しておかなくちゃ。

①天照大神が隠れている天岩戸を探し当てる「手力雄の舞」から始まり⇒②天岩戸の前の舞神楽で天照大神を誘い出す「鈿女の舞」⇒③「戸取の舞」で二枚の岩を開いて天照大神を迎え出す、という流れだったと思います。

さ、太鼓と笛の音色で始まります・・・
c0148238_13090210.jpg
c0148238_13091007.jpg
c0148238_13092005.jpg
c0148238_13093123.jpg
ここまでは厳かな雰囲気でしたが、最後の「御神体の舞」は一転して笑いが止まらない内容に。
五穀豊穣、家庭円満の願いが込められた舞との事ですが・・・

男女の神様が仲良くお酒飲んでるうちに酔いが回り、浮気心を出した男神が客席の女性に飛び込んできてちょっかいを出す⇒女神が連れ戻す⇒今度は女神が客席の男性にちょっかいを出しにやってくる⇒男神様が焼きもち(笑)

これがコミカルで面白いんですよ~。
面を付けてるのに二人の会話や表情まで見えるよう。
さっきまで静かだった会場も、この時ばかりは笑いが絶えませんでした。
c0148238_13134586.jpg
ちなみに、この時に触られた方は無病息災のご利益があるそうですよ。是非、積極的に触られましょう(o^-^o)
演目が終わった後の挨拶も冗談を交えながらの楽しいもので、和やかな時間を過ごせました。
いやぁ、楽しかった!!

参考までに、19時から会場に入れますが席は早い物順なので早めに到着した方が良いでしょう。
それから、畳敷きなので正座が苦手なワタシは足が辛かった(^^;
座布団を貸してくれる宿もあるので、心配な方は持っていっても良いかも。

・・・

この日、6月9日は年に一度のストロベリームーンが見える日でした。
c0148238_13094661.jpg

高千穂神楽が終わって神社から空を見上げると、おぼろ月の柔らかい光が。
ストロベリームーンじゃなかったけど高千穂の神聖な空気にはおぼろ月が似合います。
あぁ、良い一日だったな。



[PR]
# by yur-cafe | 2017-11-30 18:32 | 九州 | Comments(0)

新緑が眩かった

いつか絶対に高千穂へ行ってみたいなー、と思うようになったのは「宮崎をどげんかせんといかん!」という言葉が流行した頃だから、かれこれ10年も経ってしまったのかも(-_-;)
行くなら新緑の頃に、、、と思っていた事と、九州には天草とか桜島とか行きたい所が多すぎて、なかなかタイミングを計れなかったのです。

その高千穂の代表的な観光スポット「高千穂峡」にやって来ました。
早速ボートを借りて乗り込みましょう。
c0148238_18533967.jpg
鴨が先導してくれましたよ(笑)


わーーーぁ♡
c0148238_18534400.jpg
これだよ、これが見たかった!
めちゃくちゃキレイだわぁ。
新緑の頃に来れて良かった。


c0148238_18540178.jpg
この辺はボート渋滞してるけど、「おっとっと、ごめんなさいねー」と声掛け合って、平和的空気が流れてます(˶′◡‵˶)
ボート漕ぎに不慣れで思うように進まず、みんな結構必死で笑えるの(笑)


c0148238_18541119.jpg
この辺でちょっとボートをとめて休憩。
マイナスイオン注入~!


c0148238_18541822.jpg
c0148238_18542555.jpg


もう少し奥まで漕いでみましょうか。
c0148238_18543403.jpg
ボート乗り場の方向を振り返ってみるとこんな感じ。
上に見える橋も良い雰囲気ですね。
ボートは時間によって混雑してたり、空いてたり、でした。
この日は金曜だったので比較的空いてる方なのかな?

そろそろボートを返却の時間です。


遊歩道を歩くと渓谷を眺められる場所があるのでちょっと覗いてみましょう。
c0148238_18544631.jpg
c0148238_18545439.jpg
紅葉の時期も綺麗なんでしょうね。
今度行く機会があるなら紅葉の頃だな!と、つい欲が出てしまう(笑)


c0148238_18550406.jpg
高千穂の神社は縁結びの神社。
ハートの絵馬がカワイイですね。

c0148238_18551234.jpg
こちらは”幸せの黄色いポスト”
このポストからの手紙を受け取ったらもれなく幸せが運ばれてきそうですね。



[PR]
# by yur-cafe | 2017-11-28 20:00 | 九州 | Comments(4)

東洋一の高さの鉄橋

通潤橋を後にこの旅の目的地である高千穂へ。
高千穂というと高千穂峡が真っ先に浮かびますが、まずは昼ご飯!お腹ペコペコ(^^ゞ

「カフェARIGATOーありがとー」へ。
c0148238_09303653.jpg
店内は広々としていて開放的。
大きな窓から景色を眺められるカウンター席も気持ち良さそうでした。

”鶏せせり南蛮”がオススメとの事で、旅友と二人で鶏せせり南蛮と普通のチキン南蛮を。
初めて食べた鶏せせり南蛮は柔らかくて美味しかった!(写真は撮ってなかったみたい)


食後はいよいよ高千穂峡?ではありません(笑)
”東洋一の高さ”といわれる鉄道橋梁「高千穂鉄橋」から絶景を眺められるそうで、行かないわけにはいきません!
乗り場は食事したカフェの近くなので歩いて向かうとトロッコが見えてきましたよー。

こちらは旧高千穂駅構内の「高千穂あまてらす鉄道」(通称”あま鉄”というらしい)
c0148238_09304350.jpg
2005年の台風14号の水害のため廃線となってしまいましが、その後、高千穂町の地元有志が再開を目指して設立した観光用トロッコ列車を運行しているんです。
旧高千穂鉄道は「九州を横断する」という壮大な計画があり、この旧高千穂駅がその拠点駅になる予定だったそうですよ。


c0148238_09305039.jpg
早速チケットを購入し、出発を待つ間に輪投げで遊んでみたけどなかなか難しいもんです。
何度投げても外れてばかりのワタシの背後から「5歳児の遊びものだよ(笑)」と、乗務員の方の冷やかな声が(--,)
10倍近く生きてるのに全く入らないなんて・・・なんでだ?(涙)


c0148238_09305912.jpg
車両基地も残っていて、中を見学する事も出来るそうです。
当時のままの状態で保存されていて、当たり前のように動き出しそう。
そんな状態で保存されている事が嬉しくもあり寂しくもあり、、、ちょっぴり複雑な気分。


乗車の合図がありました。
c0148238_09310590.jpg
このスーパーカート(トロッコ)に乗り込みますよ。
出発進行~!

c0148238_09311305.jpg
乗務員さんの丁寧なガイドを聞きながら景色を楽しみます。
爽やかな新緑の風が気持ち良かったなぁ。

「トンネルの中では天井に注目を」とのアナウンスがあったのですが・・・
c0148238_10160832.jpg
おぉ、イルミネーションだ♪
なんだかタイムマシーンに乗ってるみたいじゃない?(笑)


トンネルを二つ抜けると天岩戸(あまのいわと)駅。
c0148238_09324208.jpg
既に廃駅となっていますが、以前は天岩戸神社の最寄駅だったそうです。


さぁ、東洋一の高さの鉄橋「高千穂鉄橋」が迫ってきましたよ。
c0148238_09313673.jpg
橋の手前で一旦停車して風の状況を確かめ、進行可能であれば渡れるそうです。
風が強かったり視界が悪いと橋を渡らず引き返す事になるそうですが、この日は問題なく進める事に。

橋の中央で停車し存分に景色を堪能出来る時間があります。
乗務員さんの話によると、下を流れている岩戸川から線路までの高さは105メートル。
通天閣の高さ(100メートル)とほぼ同じ高さからの絶景です。
窓ガラスもないトロッコからの眺めですから、慣れるまで少々腰が引けましたけど(>_<)
c0148238_09320509.jpg
c0148238_09321002.jpg
c0148238_09321808.jpg
高千穂は棚田も多く、県道7号線沿いにある「栃又棚田」は日本の棚田百選にも選ばれているそうです。
爽快な景色あり、長閑な景色あり、なんて気持ち良い所なんでしょうか。


c0148238_09315991.jpg
足元は透き通ったガラス張りで105メートル下の様子が見える場所も!
スリル満点です。


c0148238_09322482.jpg
そうそう、橋の上では乗務員さんによるシャボン玉サービスもあるんです。
トンネル内のイルミネーションといい、手作り感満載のサービスに心温まる~。

そろそろUターンして戻ります。


c0148238_09323341.jpg
思った以上に楽しかったー。
6月は新緑が綺麗でしたが、秋は紅葉など季節毎の景色を楽しめそうです。


c0148238_09324984.jpg
高千穂駅に到着!
実はワタシが乗ったスーパーカートは乗客が2組だけだったので、観光スポットとしてあまり認知されてないのかな?と思ったのですが、観光を終えて到着した時には結構多くのお客様が待機中でした。
時間帯や曜日で混雑度が変わりそうなので、特に休日は時間に余裕を持って行った方が良いかも。
高千穂に行ったら「あまてらす鉄道」のスーパーカート、オススメですよー。



[PR]
# by yur-cafe | 2017-11-27 00:15 | 九州 | Comments(2)

思いがけず の通潤橋 @2017.6

度々お邪魔してます九州地方。
6月に念願の場所へ行ってきました。
半年遅れの内容になりますが旅メモを残したいと思います。

旅の始まりは熊本から。(いや、実際には前夜祭で博多でカンパイでした。笑)
c0148238_23312973.jpg
熊本駅近くで車を借りて、通行規制の箇所や規制に伴う渋滞の情報を教えて頂いてから出発です。

熊本地震から1年以上経ったというものの、走り出すとすぐに瓦礫の山があったりブルーシートがかけられた屋根が見えたり・・・。
ワタシの目の前を通り過ぎる人も、レンタカーの受け付けをしてくれた方も、、、皆さん恐ろしい経験を乗り越えて今があるんだな。
そんな事を考えながら、ただ景色を眺めるのみでした。

数十分走った頃、カーナビで行く先を確認していた旅友が「あれ?通潤橋だ」と突拍子もない声。
えーっ。通潤橋!
いつだったか夕方のニュースのコーナーで豪快な放水の様子が映ってて「ここ何処?行ってみたい!」と思った場所が通潤橋でした。
ただ、放水の時期は決まっている期間のみで、なかなかそのタイミングをつかめないまま数年が過ぎてしまいました。
そして現在は地震の影響で復旧工事中で、当分の間は放水を休止するということなのです。

ですが、近くを通るなら是非寄ってみよう!という事に。
・・・旅友がカーナビで気付かなければみすみすチャンスを逃すとこだったな(・・;)


途中、観光で寄った場所もありますが、2時間弱で上益城郡山都町の道の駅通潤橋に到着。
c0148238_23313496.jpg
通潤橋より先に大きな牛が目立ってる(笑)
こちら、秋の風物詩「八朔祭」の目玉の大造り物(植物を材料に約一ヶ月を費やして造られるそうです)が展示されているのですが、この牛は「闘”うし”んさい(闘牛)」と名付けられてるんですって。迫力たっぷりでしたよ~!
闘牛の後ろに見えるのが通潤橋。あれ?思ったより小さい?


c0148238_00194404.jpg
ワタシの期待が膨らみ過ぎてしまって思ったより小さい、、、という印象ですが石造のアーチが美しい橋ですね。
放水の時は更に大迫力を感じるのでしょう。
詳しい説明や写真が載ってるサイトのリンクを貼りますので興味ある方はどうぞ⇒★


c0148238_23314411.jpg
工事をしてる様子も見えました。(2017.6の様子)
工事用の足場を活用した見学台があり、近くで見ることが出来るそうなので行ってみましたよ。


c0148238_23321116.jpg
c0148238_23321634.jpg
豪快な放水の様子をいつかこの目で見てみたいものです。
きっとすごい迫力なんだろうなぁ。


c0148238_23322647.jpg
無事に復旧、復興が進みますようお祈りいたします。


・・・
c0148238_10291634.jpg
〇おまけ〇
6月のくまモンはカッパ姿でカワイイの♡
梅雨の頃だったので天気が心配でしたが、晴れ間が出て爽やかな気候に恵まれましたよ。
旅はまだまだ続きます。



[PR]
# by yur-cafe | 2017-11-21 11:45 | 九州 | Comments(2)


旅と日常のエピソード


by miyo

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
Bali
Lombok
Hawaii
台湾
France
北海道
東北
鎌倉
伊勢志摩
中部
関西
四国
山陽
九州
沖縄
よもやま話

タグ

(310)
(194)
(112)
(93)
(82)
(43)
(40)
(36)
(30)
(27)
(24)
(18)
(17)
(14)
(14)
(14)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

ブックマーク

お気に入りブログ

BAGUS!
もひょつんち
太陽と南の島
天国の入り口
ShinjiのPhoto...
もっと歩々晴天
Slo-Mo Life ...
Rise覚書
Sky is the l...
ぴっから~
* Happy Slow...
LE FOTO
おマメ日記
fufu log
Msphoto
気ままにオージーLIFE
ENAK!DAYS
cahier de vo...
Tiny Happy Days
おマメ日記+plus
沖縄の休日
Travel is my...
ねこのため息
旅色ゆるるん
Travel is my...
沖縄の休日2
バリ島大好き

最新のコメント

+アラックさん、こんにち..
by yur-cafe at 08:11
白保の朝市なんですね、楽..
by umi_bari at 17:46
+bemntyさん、こん..
by yur-cafe at 18:53
+アラックさん、こんばん..
by yur-cafe at 18:46
うぁ〜、高千穂峡、九州妄..
by bemnty at 07:45
神々の聖地ですよね、鴨た..
by umi_bari at 20:50
+アラックさん、こんばん..
by yur-cafe at 19:53
トロッコの旅、たまりませ..
by umi_bari at 11:03
+アラックさん、こんにち..
by yur-cafe at 09:29
大地震の被害はまだまだ大..
by umi_bari at 14:44

最新の記事

白保日曜市へ @石垣島
at 2017-12-04 08:50
おぼろ月夜に神楽を
at 2017-11-30 18:32
新緑が眩かった
at 2017-11-28 20:00
東洋一の高さの鉄橋
at 2017-11-27 00:15
思いがけず の通潤橋 @20..
at 2017-11-21 11:45
秋日和
at 2017-11-20 11:36
小さなガムラン隊
at 2017-11-16 21:15
ハイ、ポーズ!
at 2017-11-15 10:38
ワンコも一緒
at 2017-11-14 12:46
1月の川平湾 @2017年
at 2017-11-13 12:30

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..

ブログパーツ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事