カテゴリ:よもやま話( 252 )

チョイナ チョイナ

チョイナ チョイナ・・・っと言えば?わかりますか?

>彼女達との思い出は数知らず。(前回の記事より)
・・・さて、ここで彼女達との思い出深い旅をひとつ。

当時通っていたスポーツジムのイベントで"ジェットスキー"を初体験し、単純なワタシ達は「何かマリンスポーツを始めたいよね」と散々語り合い、比較的費用も安あがりで簡単そう・・・という安易な発想で始めたのがボディーボードでした。
すっかり夢中になり色白なワタシも日焼けで真っ黒になる程に。
How-toものの本やビデオで研究し、休日は実践・・・と、真剣そのもの。
数年後、ノース(オアフ島)で波乗りした時の感動ときたら!
今でも時々夢に出てきますよ~。
あの時一緒にパドリングに苦戦した白人のおじちゃんの笑顔・・可愛かったな(笑)

ハワイも楽しかったけど、より思い出深い旅が・・・
「そうだ、明日、2万円ポッキリの旅に出よう」と、突然決めた温泉旅行かな?
1.朝9時に東京駅で待ち合わせ
2.行き先は地図の上に鉛筆を立てて倒れた方向の温泉
3.交通費、宿泊費の合計が2万円以内
c0148238_18474551.jpg
当日、東京駅で持参した時刻表の路線図の上で鉛筆を立て「せーのっ」で手を離す・・・指した場所は草津温泉。
お湯の中にもこ~りゃ、花が咲くよ、チョイナ、チョイナ♪ハイ、草津節です。
草津かぁ・・・なんだか面白味に欠けるけど鉛筆が倒れたのだから従おう(笑)
勿論、節約のため新幹線には乗りません。のんびり普通列車で移動。
観光案内所で空室を探してもらった旅館はスポーツ選手も湯治に来る名湯との事。
とにかくお湯がすっごく熱かった事だけが記憶に残ってる(笑)
旅館のご主人がスポーツ指圧が出来るそうで、親切にもワタシ達はその恩恵を受ける事になったっけ!
その時の写真を懐かしく見てみると、まだ若くて可愛らしいワタシ達。
今、同じメンバーで訪れても指圧をしてくれないだろうなぁ。
年の功で「あの時指圧してくれたわよねぇ」なんて図々しくも言ってみようか(笑)
そもそも、これを"年の功"と言う事自体が図々しいってもんだ(笑)

当てずっぽう旅は最近しなくなったので、この旅をとても懐かしく思い出します。
まだ自宅でインターネットするような時期でなかったからこその思い出かな?
[PR]
by yur-cafe | 2008-01-06 18:53 | よもやま話 | Comments(8)

自分へ

長いと思ってた連休も今日で最後。急に日常が戻ってきた感じです。
年末年始も働いてた方、既に仕事開始された方も多いと思いますが・・・
皆さま、どんな新年を迎えましたか?
ワタシは頂いた年賀状を見ながら「友達」の大切さをしみじみ感じてました。

新しい出会いがある反面、環境の変化で会う回数が年々減る友達もいます。
新卒で同期入社した仲良しとも会う機会は減る一方。
彼女達との思い出は数知らず。
あんなに気心知れた友達もそうそう出来ないものだろう・・・と思っていたのに、ワタシが転職、彼女達の結婚を機に住む場所も職場も遠くなり、会う機会どころか電話もメールもしなくなっちゃって・・・。
前回会った時は丁度ワタシの仕事が忙しかった時期で「忙しい」なんて言葉を言い過ぎたかもしれないなぁ。反省してます。
決して時間をつくる事が面倒だったわけではなく、会えば時間は取り戻せるから・・なんて思ってたんですよね。

・・・2007年を振り返ると「人」との繋がりについて考える機会の多い年でした。
公私共に、これまで経験した事のないようなトラブルがあり、精神的にかなり疲れた時期もありました。
7月のバリ旅行もそんな時期で、待ち焦がれたバリの空の下にいるというのに、頭の片隅には常に黒い点が居座ってる感じ。
ま、それも最初の2日くらいで、帰国時にはすっかり気分も晴れましたが。
バリの自然と人、一緒に旅した友のおかげでリフレッシュできたのだと思います。

何かが起こる度にアドバイスや励ましをくれたのは友達。
その存在は当たり前になりがちだけど、感謝する心を忘れてはいけないですね。
そんなふうに自分を見詰め直した事は、今後の自分にプラスになると思う。
自分らしさを忘れず恐れず、人を思いやる気持ちは今まで以上に・・・。

年賀状を見ながら彼女達に無性に会いたくなりました。
気ままに会う事も難しくなったけど、会えない距離ではないのだから・・・この機会に連絡とらなくちゃ。「やぁ、元気?」なんて相変わらず呑気な会話になりそうだけど。
「いつか」と思っていては後悔するかもしれない。
時間は待ってくれないのだから。

◆◇◆◇◆

この記事、実は元旦からアップしようか迷ってたんだけど、この気持ちを持続させる為にも少し編集し直して休日最後の本日、敢えてアップする事にしました。
長期休暇はここ数年、全て旅行にあててたけどワタシがこんな真面目な文章を書けるなんて!たまには家でのんびりするのも良いではないの(笑)
そういえば細○○子の占いによると今年はようやく「大殺界」を抜け出したらしい。
(占いは良い事だけ信じてるんだけど、去年はホント辛い事が多かったー(涙))
今年は楽しい事の多い一年になりますよーにっ!
[PR]
by yur-cafe | 2008-01-06 18:24 | よもやま話

ラヤンラヤン

元旦の昼下がり、近所に買い物に出掛けた時のこと。
カンッ カンッ と、何処となく懐かしい響きが・・・。
それは小学生くらいの女の子達が羽根突きをしている音。
思いがけず目にしたお正月風景に気持ちが和みました。

さ、お正月には~凧揚げて~♪
って事で、今日の写真はサヌールのラヤンラヤン(凧揚げ)の風景にしてみました。
この後、この大きな大きな凧は見事、空高く舞い上がりましたよ!
c0148238_0221657.jpg
風が心地よい乾季のバリの空を見上げると沢山の凧が揚がってますね。
初めてバリに行った時、早朝から空高く飛んでいる物体が凧とは知らず鳥かな~?なんて思ったものです。
真っ青な空にぽっかり浮かぶ凧はバリの風物詩。
子供も大人も凧揚げに夢中になってる姿に「頑張れ~」と応援したくなるものです。

凧揚げには風の神様に喜んでもらい、風の神に守り助けて頂く・・・という祈りも込められてるとの事。
「すべてのものに神が宿る」と信じるバリ人らしい風習ですね。
[PR]
by yur-cafe | 2008-01-04 01:06 | よもやま話 | Comments(4)

★Happy New Year 2008★

c0148238_10174978.jpg
Selamat tahun baru! BALI.
Hauoli Makahiki hou! HAWAII.
新年快樂! TAIWAN.

あけましておめでとうございます。
今年が素晴らしい一年になりますように!
素敵な旅に恵まれますように・・・。

[PR]
by yur-cafe | 2008-01-01 10:18 | よもやま話 | Comments(10)

大忘年会~祭りのあと

桑田佳祐 LIVE TOUR 2007 呼び捨てでも構いません!!
「よっ、桑田佳祐」SHOW

葉加瀬太郎の音楽にたっぷり癒された後は、桑田さんのライブでパワー充電。
12月28日は心待ちしてた桑田さんのライヴでしたぁ♪
いやぁ~、楽しかった!
応援団(ファンクラブ)に入ってても入手困難なチケットだし、応援団の先行販売だからといって良席が当たるとは限らない中(ワタシも何度も落胆したもんだわ(笑))こんなに前方で楽しむ事が出来るなんて・・・と、感謝感謝!!
そりゃ、ステージ近くの席の方がハグされたり、握手したりしてるのを恨めしい目で追ってたのは間違いないけど(笑)それでも桑田さんの顔が何度も間近で見えた時は嬉しかったぁ。
ラストの曲「祭りのあと」が終わった後は放心状態。「終わっちまったよ・・・」と(涙)

あ~し~た~晴れ~るかな~♪の大合唱は感動だったなぁ。

桑田さん、最高の誕生日プレゼントをありがとーっ!
・・・はい、実は12/28はワタシの誕生日なんです。
なのでサザンの年末ライブは大晦日のカウントダウンではなく、いつも12/28狙い。
今年も誕生日に参加出来て最高に幸せだったわ~♪♪

そんなウキウキ気分の28日の朝のこと。
ワタシの弟からメールが届きました。
まさかお祝いメッセージ?であるはずもなく、しょうもない用件を送りつけてきたので、その返事とともに「忘れてるかもしれないけど、今日は私の誕生日なんだけど・・・」と追記して返信。
すると、こんなボケ会話が繰り広げられてしまった(笑)
弟「おぅ、そうか!誕生日おめでとう。○○歳になったか!」
弟の言う○○歳は実年齢よりプラス1歳だったのだけど、最近は自分の年齢が何歳なのか分からなくなりつつあるワタシ。もしやワタシの思ってる年齢が間違ってる?
私「確か○○歳だと思うけど・・・」
弟「失礼!でも"思う"って・・・」
私「だって年齢ってわからなくなるじゃない?」
弟「・・・」

年々老化が進んでいきます。
ライブで弾けた疲れがとれず昨日は一日ダラダラ。
首から背中の痛みは日々とれることなく今日も湿布を貼る悲しい現実。
頑張れワタシ!

◆◇◆◇◆

さてさて、今年も明日1日を残すのみとなりましたね。早いものです。
今年もこのボケボケblogに遊びに来てくれて本当にどうもありがとうございました。
温かいコメント、笑えるコメントに元気付けられた事も度々。
来年ものんびり更新しますので、時間ができたら"yururun*run Cafe"にお立ち寄り下さいね。
皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい!
miyo
[PR]
by yur-cafe | 2007-12-30 10:37 | よもやま話 | Comments(14)

Christmas tree

この季節は"サンタさん"という存在を信じてた頃の事を懐かしく思い出すものです。

あの頃・・・12月も半ばを過ぎるとクリスマスツリーを飾りたくてソワソワ。
親にお願いしてツリーを出してもらうと、兄弟で早速飾り付け開始!
サンタクロースやトナカイ・・・キラキラボール、最後は天辺のお星様の奪い合い(笑)
赤や緑に光るライトを付ける頃には親も真剣な表情そのもの!
そして何故か毎年減っていくのは綿の雪・・・。
雪が足りなーいよぉ!と、薬箱からコッソリ脱脂綿を失敬して(笑)妙に重そうな雪が幾つも乗ってたっけ(笑)
最後に部屋の電気を消してスイッチON・・・
キラキラ輝くライトを見守りながら「わぁ~」と、喜ぶ瞬間はすごく幸福感が漂ってて、未だにその時の様子を思い出すと温かい気持ちになるものです。

c0148238_23351497.jpg
To サンタさん
先日遊びに行った親戚の家にもツリーが飾り付けられてました。
ん?七夕のような飾り物が・・・。
近寄ってみると幼稚園児の坊やからサンタさんへのメッセージでした。
「さんたさんへ ありがとうございます。 ○○より」
そっか、サンタさんがプレゼントを届けに来た時のお礼ってわけね(笑)
うふふっ、可愛いなぁ。

サンタさんからのプレゼント・・・
届いたかな?
[PR]
by yur-cafe | 2007-12-25 23:48 | よもやま話 | Comments(12)

Happy Holidays!

c0148238_134738.jpg

I wish you all for a wonderful Christmas!

[PR]
by yur-cafe | 2007-12-24 01:07 | よもやま話

は~とぶれいく

TARO HAKASE CONCERT TOUR 2007 "Re:"

年末恒例となった葉加瀬太郎ライヴに行ってきました。
やはり生の演奏は感動します。幸せです。
どの曲も素晴らしかったけど、Another Sky(全日空に搭乗すると流れてる音楽ですよ♪)のアレンジがとっても良かったな。鳥肌が立ちましたよ~。
余韻に浸りAnother Skyを聞きながらこのブログを書いてます。

ライヴの素晴らしさはこれまでに何度も伝えてきたので、今回はかなり個人的側面から・・・
ズバリ 「ワタシ、失恋しちゃった」の巻。
それは突然襲ってきた出来事でした。
メンバー紹介で我が耳を疑うような事実が発覚・・・。
ワタシ、葉加瀬さんのファンであることは言うまでもないのですが、バンドマスターである柏木広樹さん(Cello)の大ファンでもあります。その彼がなんと9月に結婚されたとの事で。かなり真剣にショックを受けたワタシ(それもどうかと思うが・・)
何故なら彼のバンドメンバーの中にワタシの友達の同級生がいるとの事実も浮上し、こうなったら友達もフル活用して一気に距離を縮めよう大作戦を考え中だったのです。プププッ、アホです(笑)
その作戦は新年早々からスタートさせるために某ライヴハウスのチケットも入手し、当日の勝負服も既に決定という気合の入れよう(笑)
もう、並々ならぬ情熱を注いでいたワケです(笑)
そこにきて、「結婚しました」の報告ですからっ。フリーズしちゃいましたよん。
ま、ちょっと悪ふざけ入りでブログネタにしてしまいましたが、純粋に彼の音楽のファンである事は確かなので勿論今後もファンとしてず~っと応援しますわよ!

◆◇◆◇◆

さて、今年も色んなコンサートやお芝居を観る事が出来ました。
ジェイクシマブクロのライヴも良かったし、友達に誘われたミスチルのライヴでも予想外の感動で号泣。
お芝居は今年はあまり良いと思った作品に出会えなかったのが残念。
あ~、でも今年最後にもう一つ残ってるんです。
来週、28日は桑田さんのソロライヴ。もう今はそれが最大の楽しみで。
先日、ようやく届いたチケットは想像以上にステージに近い席だったので大興奮。
よりシッカリ桑っちょの姿を見れるように、度数をあげたコンタクトを買い換えようか等と検討しているところです(笑)

皆さんはどんなクリスマス&年末を迎えるのでしょうか?
風邪も流行ってるので気を付けて下さいね。
ワタシも先週末は風邪で発熱とお腹を壊して寝てました。
それでは3連休・・・楽しいクリスマスを過ごしましょうね!
[PR]
by yur-cafe | 2007-12-22 16:29 | よもやま話 | Comments(8)

悲しき運動会 =秋編=

中学3年、秋。
春の運動会の傷も癒えないままに秋の運動会がやってきた。
もう絶対にリレーには出ない。そう固く誓った私。
なのに・・・それでも悲劇はやってくる。

その悲劇は"飴食い二人三脚"という競技で起こった。
私と組んだAちゃんはドジなタイプ。(私に言われるのは心外だろうが)
やけに張り切ってる姿に嫌な予感はあったものの、無事に粉の中から飴玉を拾い出し、最後の二人三脚でゴールを目指した。
あと数メートル・・・そこで意識がなくなった。

バランスを崩したAちゃんが私の方へ倒れてきたのだ。
足を結ばれてるため何の抵抗も出来ぬまま真横に転倒してしまった私。
軽く脳震盪があったらしく数秒間倒れたままだったらしい。
目を開けた瞬間の光景は、心配して駆け寄ってきた方々が覗き込んでいる顔の輪。
飴食いの粉で真っ白になった顔で倒れてるなんて間抜けだわ(笑)
テヘヘッと笑いながら立ち上がろうとした瞬間・・・激痛が左肩に走った。
・・・私の肩が大変な事になってしまった・・・。
こんな一大事だというのに校長先生より景品を受け取るようにとの指示。何しろ痛いので片手で受け取ると「両手でっ」と叱られる。
素直な私は激痛を堪えノートとえんぴつ数本を両手で受け取り、校長の満足そうな笑顔を見届けた後、保健室へと直行した。
何しろ一大事なので顔を洗ってる場合ではない。背に腹は変えられぬ。

結局「脱臼かも」という事になり救急病院へ。
粉だらけの顔でうな垂れてる患者の姿を見れば一大事である事は容易に察する事ができるであろう。すぐさまレントゲンを撮ると、診断は"鎖骨骨折"であった。

実は前々からクラスメイトが足や腕を骨折してギプスしている姿って、なんだか選ばれし者だけに与えられた勇姿に見え、嫉妬にも似た感情を抱いていた私。
この度"骨折"という診断を聞き、いいよいよ私にもそのチャンスが巡ってきた・・・と、若干顔が緩んだのは言うまでもない(笑)
しかし場所が場所なだけに石膏で固める事はできない。
与えられたスタイルはといえば、肩を固定する為に"バンドのようなものを巻きつける"といった、実に妙で不恰好な状態だった。
しかも柔な固定なので動作の度に肩が動いてしまう。
特に寝起きの際はただならぬ激痛で、これなら座ったまま寝た方がマシかも、と思った程だ。そして週に一度の検診では骨をグイグイ調整され、あまりにもの痛さに顔面蒼白。毎度、車イスでベッドに運ばれ点滴・・・という有様。

憧れてたはずの骨折も、私のような間抜けなヤツの場合、勇姿とは程遠い姿になってしまうという事を思い知った。
中学3年の乙女の秋は、そんなミジメな姿で日々を過ごすのであった。

良い子の皆さーん。
決してヨコシマな考えで"骨折したい"なんて思ってはなりませぬぞ。
[PR]
by yur-cafe | 2007-10-19 01:00 | よもやま話

悲しき運動会 =春編=

運動会シーズン(そろそろ季節はずれ?)になると思い出すあの場面"たち"・・・。
運動会の思い出といえばイヤな事ばかり。全くもってロクな事がない(笑)
最悪だったのは中学3年の春、秋の運動会だ。

春。
何故かリレーの選手に選ばれてしまった。
そのリレーとは、各学年の男女一名ずつが代表となり・・・つまり6名で競うリレー。
運動会の最終種目でチームの勝敗を左右する非常に緊迫した種目である。
なんで?私はお世辞にも足が早いとはいえない。
100メートル走は一度だけゴールのテープを切った記憶があるが、後にも先にもその一度だけ。そんな程度の私。なのに選手。これはイジメだ。
何故そんなイジメにあったかというと、単にたまたま私より足の速い人がいなかったから。他のチームはといえば市の大会に出場するような俊足選手揃い。
ムリッ!ムリムリムリムリムリッ・・・・・・・。
勿論即座に断る。すると、私が出場しないならリレーを棄権するしかないという。
"棄権"という言葉を聞き、私の"責任感"の強さが仇となった(笑)
「ならば・・・出ますよぅ・・・」と、思ってもない言葉を口走ってしまった。
(そーいえば、水泳大会でも同じ場面あったなー。あの時は背泳ぎだったっけ・・・)
こうなれば最下位でバトンを渡される事を祈るのみ。幸い私のチームには"俊足"と呼ばれるような選手はいなく、可能性はゼロではない。

さて、本番。
私へのバトンは予想に反して、願いも空しくビリから二番目・・・。あぁ・・・。
仕方ない、溜息交じりにバトンを受け取り走る。猛ダッシュだ。
そんな私の横を風と共にビリチーム"だった"選手が走り抜けた。あっという間に遠い背中。チームの「あぁ・・・」という落胆の声が聞こえてくる。
やはり出るんじゃなかった、後悔先に立たず。

アンカーへとバトンを繋ぎ、気付けばグランドの真ん中で呆然と立ってた私。
そんな私に更なる悲劇が待っていた。
呆然と、恐らく半泣き状態で佇んでいた私を可哀相に思ったのであろう。
クラス担任(男)が、あろうことか私をガシッと抱きしめた。
グランドの真ん中、全学年、しかも親も見てる前だというのに、なんとハレンチな。
青春ドラマじゃあるまいし、勘弁してほしい。
その後、クラス中の笑い者になったのはいうまでもない。

ちなみに、家族の目撃談によると私の走りは信じられない程遅かったらしい。
ふんっ、娘の苦しみも知らないで、大きなお世話だ。

続く・・・。
[PR]
by yur-cafe | 2007-10-19 00:03 | よもやま話


旅と日常のエピソード

by miyo

カテゴリ

全体
Bali
Lombok
Hawaii
台湾
France
北海道
東北
鎌倉
伊勢志摩
中部
関西
四国
山陽
九州
沖縄
よもやま話

タグ

(303)
(175)
(106)
(86)
(64)
(43)
(39)
(36)
(29)
(24)
(17)
(17)
(15)
(14)
(14)
(11)
(11)
(11)
(9)
(9)

ブックマーク

お気に入りブログ

BAGUS!
もひょつんち
太陽と南の島
天国の入り口
ShinjiのPhoto...
もっと歩々晴天
Slo-Mo Life ...
Rise覚書
Sky is the l...
ぴっから~
* Happy Slow...
LE FOTO
おマメ日記
fufu log
Msphoto
気ままにオージーLIFE
ENAK!DAYS
cahier de vo...
Tiny Happy Days
おマメ日記+plus
沖縄の休日
Travel is my...
ねこのため息
旅色ゆるるん
Travel is my...
沖縄の休日2
バリ島大好き

最新のコメント

+アラックさん、こんにち..
by yur-cafe at 09:42
お仕事など、お疲れ様です..
by umi_bari at 21:43
+アラックさん、こんばん..
by yur-cafe at 00:46
新緑の季節に、素晴らしい..
by umi_bari at 22:04
+アラックさん、こんばん..
by yur-cafe at 00:10
日本、統治時代があり、台..
by umi_bari at 18:58
+アラックさん、こんばん..
by yur-cafe at 01:08
札幌の最後が食べ物レポー..
by umi_bari at 12:38
+鍵コメさま ASW ..
by yur-cafe at 08:45
+アラックさん、こんにち..
by yur-cafe at 08:42

最新の記事

怠速中
at 2017-06-21 21:35
6月
at 2017-06-05 18:40
台北の西本願寺
at 2017-06-02 17:45
週末札幌。食べまくりの巻
at 2017-05-29 09:11
札幌から日帰りドライブ
at 2017-05-24 01:30
週末札幌。
at 2017-05-21 23:52
レストランカメリア @福江空港
at 2017-05-16 01:20
頭ヶ島と若松島と。
at 2017-05-16 00:20
菜の花の川 @福江島
at 2017-05-08 01:10
晴れすぎGW
at 2017-05-07 01:31

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..

ブログパーツ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事