カテゴリ:沖縄( 80 )

竹富島ぐるぐる*ラストスパート!

c0148238_02053349.jpg
朝食の時間が迫っていたので朝散歩は西桟橋までと思ってたんだけど、どうも名残惜しい。
そうだ、なごみの塔に上ってなかったよね~。
最後はなごみの塔で締めくくり!(その時の記事はコチラ↓)

そう、この直後に封鎖になったと知ってビックリしたんだった。
またいつか上れる日が来るのかな?

さー、急いで宿に戻ろう。
7時頃はまだ涼しかったけどジリジリ暑さが増して汗びっしょりで到着でしたよ(u_u;)
まずは自転車を返却ね。
c0148238_02053901.jpg
レンタサイクルした野原さんのお宅の門のシーサーは味わい深い表情だわ。
短い時間でしたが、ご主人と台風の話や雑談を交えて楽しいひと時にほっこり。
お世話になりましたー!


c0148238_02054591.jpg
朝食を済ませ、港への送迎の時間まで写真を撮りながら待つとします。
ほんと、ジリジリ太陽が痛い(>_<)


c0148238_02054956.jpg
ヴィラたけとみのシーサーも見納め。
それにしても、台風が迫ってるような空じゃないよねぇ(- -)
どうにも信じられないんですけどー(笑)

でも・・・
c0148238_02073878.jpg
港の案内には11:45最終と。
やっぱり来るんだ、台風。ふぅーん(-_-;)



[PR]
by yur-cafe | 2017-09-08 23:50 | 沖縄 | Comments(2)

竹富島ぐるぐる④朝散歩

初めての竹富島泊。
お部屋から月を眺めながらカンパイだー!と張り切っていたのに、眠さに負けて早々に寝落ちてしまった(・・;)
旅友は一人満喫してたようで、途中「お月様が見えるよー」と声を掛けられた記憶アリ。
親切に声掛けてくれたのにワタシは「もー、うるさいっ」と怒鳴ってたらしい(笑)
毎度ゴメンね、旅友よ(笑)

翌朝、朝食前に最後の散歩です。
c0148238_17451683.jpg
所々に水たまり。
気付かなかったけど朝方に雨降ったのかしら?


まずは今回初のカイジ浜へ。
c0148238_17452576.jpg
c0148238_17453280.jpg
波の音しか聞こえない静かな時間。
カイジ浜の後は・・・


c0148238_17453976.jpg
おい、また来たのかニャ?
うん、また来たニャン。


c0148238_17454983.jpg
この旅何度目?のコンドイ浜。
やっぱり竹富島といえばワタシはここだなー。


c0148238_17455607.jpg
爽やかな青空が迎えてくれましたよ。


c0148238_17460969.jpg
ほんと、静かな朝だー。
ネコにゃん、また来るね。


c0148238_17461402.jpg
そしてここも忘れちゃいけない。西桟橋。
やっと満潮のタイミングで来れた!
誰もいない桟橋を独り占め~。やっほー!!



[PR]
by yur-cafe | 2017-09-08 09:00 | 沖縄 | Comments(2)

竹富島ぐるぐる③夕猫にゃん&サンセット

お宿でご飯を食べた後にまたまたコンドイ浜へ。
日帰りでは出来ない朝散歩と夕散歩ですもん、疲れたなんて言ってられません。強制散歩(笑)

c0148238_22215002.jpg
うふふっ♡
昼間の暑さから解放されて気ままに過ごすネコちゃん達がいましたよー。


c0148238_22221944.jpg
昼間の暑さもないし、観光客も殆どいないので猫ちゃん達がテーブルを独占中ですよ(笑)


c0148238_22224916.jpg
こちらは授乳中でした。
授乳中も子猫のお世話をしてる姿に母の愛を感じますねぇ。


おっと、日が暮れそうだー!
c0148238_22245303.jpg
雲が多いので太陽が落ちるまで、、、は無理ですね。
今回は竹富島に泊まれるってだけで充分満足です!
予想外に晴れてくれたし(v.v )


c0148238_22245941.jpg
ほんのりオレンジ色が見えてきたぞ♪


c0148238_22250439.jpg
なんだろう、なんかシアワセ(o^-^o)


c0148238_22251066.jpg

お月様だー。
さぁ、帰ろ。



[PR]
by yur-cafe | 2017-09-07 07:00 | 沖縄 | Comments(2)

竹富島ぐるぐる②

c0148238_12302428.jpg
竹富島散歩は続きます。
西表島のワイルドな景色とは全く違う景色がいっぱいで癒されるわ~。
屋根の上のシーサーを眺めるのも楽しい。


c0148238_12303435.jpg
そして珊瑚の石垣に真っ赤なハイビスカスもThe 竹富島ですね( '◡' )


さーて、今回はアイヤル浜へレッツゴー!です。
c0148238_12304654.jpg
竹富島には何度か遊びに来てるけど、アイヤル浜に行くのは初めてなんです。
滞在時間が長い時に行ってみたいと思ってたのよねー。

しかしこれがまぁ大変(u_u;)
砂地にハンドルを取られるので運転しにくい~。
c0148238_12305891.jpg
暫くすると憧れの”星のや竹富島”が見え、外観だけでもしっかり眺めてみようと思いつつも自転車に必死過ぎでよく見えなかったわ(^^ゞ
そして、星のやを過ぎた辺りから道はいっそう悪路に。
獣道と言っても過言ではないかも(笑)
ガタゴトガタゴトのうえに、背の丈もあるような草が生い茂っているので目の前に現れる草や枝を除けたり、くぐり抜けながらの運転。まるで罰ゲーム(- -)
本当にこの道で合ってるのか?と不安になるような道のりなんですよ。後悔しまくり(T-T )
そんな道を15分位かかったのかなぁ・・・?


c0148238_22412671.jpg
やっと海が見えてきた時は感動よりも「道、合ってたんだ」と安堵。
いや~、こんなに遠いなんて思いもしなかった(・・;)


c0148238_12311148.jpg
しかも残念な事に、必死な思いで来た割には感動するような海ではなかった(笑)
ちょうど雲が多くなったタイミングだったのね。
更にはカメラの充電が切れるという残念続き(u_u;)
でも、これで竹富島の代表的なビーチは制覇できたぞ♪
誰もいない海を独り占めしてきました!

そうそう、アイヤル浜からは石垣島の市街地がはっきり見えるんですよ。
こちら側は船の通り道になっているそうで、船が行き交う様子も見えます。


さ、また悪路を頑張って戻ろう(笑)
c0148238_12312735.jpg
集落に戻ってきたぞ~。
暑いぞ、疲れたぞ~。

ってことで
c0148238_12313463.jpg
パーラーぱいぬ島でカキ氷!
写真を撮るほんの一瞬にも氷が溶けてしまう程の暑さ。

しかしカキ氷では納まらぬ暑さに「どこか涼しい場所はないのー?」と、若干不機嫌モードのワタシ (-_-#)
旅友もこの暑さには流石に参ってる様子で、竹富島マップを眺めていると「冷房が効いてるカフェです」という嬉しい案内文発見!
カキ氷を食べたばかりというのに「冷房だって。行こう、行こう!」です(笑)


冷房が効いた(笑)カフェ「ちろりん村」へ。
ここに来る途中も結構な坂道があったけど、冷房効いたとこに行けるなら頑張るわよ(๑>◡<๑)
c0148238_12314330.jpg
写真がないので忘れてしまったけど生パイナップルスムージーだったかな?
生き返る心地で頂きました(笑)
店内はなかなか洒落た雰囲気でしたよ!


そろそろ宿に戻りましょう。
c0148238_12321316.jpg
こちらが宿泊したヴィラたけとみのお部屋。
写真を見て思い出したんだけど、一棟に2部屋入ってるんですね。
中の写真はありませんが、ワタシが泊まったお部屋は右側の部屋で洋室でした。
ヴィラとはいっても民宿のようなお部屋で鍵もついてません(笑)

なんだか田舎の祖母ちゃん家に遊びに来たような・・・そんな感じでのんびり過ごせそうなお宿です。
食事も美味しかったですよ~。
ここは中心地から少し離れてるので、晩ご飯を外で食べたら帰り道は真っ暗で怖そう。
素泊まりではなくて食事付きにして正解だったと思います。

そうそう、チェックインの時に「台風の状況によっては石垣島に戻って下さい」と言われてたけど、この日は宿泊出来ることになりましたよ!



[PR]
by yur-cafe | 2017-09-06 22:28 | 沖縄 | Comments(0)

竹富島ぐるぐる

c0148238_01092595.jpg
竹富島を自転車でぐるぐる。
まずはコンドイ浜のネコちゃん達に会いに行こー♪


c0148238_01092962.jpg
浜辺で気ままに暮らすネコちゃん達。
癒されるわ〜。


c0148238_01093306.jpg
てくてく・・・海から戻ってきたよ♡


c0148238_01093806.jpg
そして、頭隠して尻隠さず?(笑)
ベンチの下で寛ぎ中です。


c0148238_01094323.jpg
こちらのニャンちゃんは枯れ葉と格闘中なんですよ。
風で葉っぱが動く度にファイティングポーズするのが可愛いかった(笑)

ネコがいると、つい岩合miyoとなって(笑)離れられなくなっちゃうわ(o^-^o)


c0148238_01094846.jpg
コンドイ浜の後に西桟橋もチラッと寄ってみました。
干潮だったので、また時間を見計らって来るとしよう。


お腹が空いたのでランチに出掛けますよー。
c0148238_01095979.jpg
ランチは「かにふ」へ。
割と広い食堂なんだけど、満席で少し待ちました。大人気のようです。


c0148238_01100464.jpg
お腹が空いてたのでガツンと天丼。
とっても美味しかったです!!
旅友は八重山そばにしましたが、そちらも美味しかったそうですよ。

食事中激しい雨が降り出し「もはやこれまでか・・・(←武士か!笑)」と不安になったけど、青空が復活してくれてホッと一安心。


c0148238_01100880.jpg
もう少し竹富島滞在を楽しめそうです♪



[PR]
by yur-cafe | 2017-09-04 09:00 | 沖縄 | Comments(2)

またね西表島&来たよ竹富島

c0148238_01413187.jpg
西表島から竹富島に移動する日。
台風は一体どうなることやら、不安な朝です。


c0148238_01425980.jpg
恐る恐る高速船の状況をチェックすると大原港から出発出来るとの事で一つ問題クリア。
もし大原港がクローズで上原港からのみ出航だったら(西表島には港が二つ)、レンタカーを返した後にバスかタクシーで戻らなくてはならない、というリスクがあったのです。
あとは竹富島でどうなるのか・・・台風に遭遇すると問題多発だな(--,)


ま、何はともあれ西表島を離れる事になります。
c0148238_01430717.jpg
台風が来てるとは思えない空なんだけどねー。

と思っていたら
c0148238_01431258.jpg
激しい雨。
島に到着した日も大原港から上原に向かう途中、大粒の雨の場所がありました。
高速船から島中央の上空に真っ黒な雨雲がかかっていてガッカリした記憶が蘇ります。
山が多い地形なので雨雲が発生しやすいのでしょうね。

さて、もうすぐ西表島ともサヨナラです。
想像以上にすごく楽しかったわ♡
今まで気付かなかったんだけど、実はワイルドな自然が好きだったのね、ワタシ。
またいつか遊びに来たいなー。

無事大原港に着いて石垣島行きの高速船に乗り込みます。
c0148238_01432094.jpg
ひゃ~、やっぱり海が荒れてる(°°;)
一応酔い止めを飲んでおいて良かったわー。


石垣島からすぐに竹富島行きの高速船に乗り換えです。
c0148238_01433149.jpg
竹富島行きの高速船はサロンみたい。
このタイプ、時々遭遇します。

あっという間に竹富島!
c0148238_01434246.jpg
青空と赤瓦とシーサーでご機嫌です♪

さて、この旅はこれまでの滞在とはちょっと違うのです。
それは・・・
c0148238_21361314.jpg
日帰りではなくてヴィラたけとみで1泊するのです!
竹富島泊を迷ってる間にホテルを選べる状況ではなくなり、ギリギリセーフでなんとか押さえる事が出来ました(笑)
予算があれば星のやに泊まりたかったんですけどね。ムリムリ(^^ゞ

こちらはヴィラというより民宿というイメージかな?
料理も美味しかったし、スタッフさんもフレンドリーで親切でした。
が、正直言うと宿泊代金が見合ってない気がする、、、離島なので高くなるのは仕方ないのかなぁ。

そうそう、チェックインの際に「台風の状況によって宿泊をお断るする場合がある」と(・_・;)
電気や水道が止まる可能性があるかららしい。
この時点で翌日の午後は港がクローズするのが決定なので、長く滞在しても翌日の午前中までという期限付きの滞在になりました。
それまでは存分に楽しむぞ~♪

という事で、まずは自転車確保!
c0148238_01434995.jpg
ヴィラたけとみのお隣でお借りしました。
可愛いおじーが対応してくれましたよ(。・・。)

さーて、出発。
c0148238_01435638.jpg
青空に映える白い道。
これが竹富島だよね。ウキウキ&ゴーゴーなのだ~。



[PR]
by yur-cafe | 2017-09-03 09:45 | 沖縄 | Comments(0)

ピナイサーラの滝ツアー*滝つぼで泳ぐ!の巻

ピナイサーラの滝上からの景色を堪能したら下山。
滝つぼへ行くには一旦下山した後に再度別ルートで登るそうですよ。
え~、また下から登るのー?と落胆したのは言うまでもありません(笑)
c0148238_21571240.jpg
仕方ありません、再び気合い入れて登りましょ。
この日、時折雨がザーッと降る時もありましたが、多少の雨なら天然の傘があるので大丈夫。
沢山の木々が雨を遮ってくれて、葉に雨が当たる音が心地よかった。
きっと晴れの日は厳しい暑さから守ってくれるのでしょう。
素晴らしい天然のパワーに感謝です。

滝つぼまであと少し、という所で結構な勾配の場所があった記憶がありますが、そこを抜けると突如現れるマイナスイオンな世界!
さっき上から眺めた滝が目の前に。
こちらが「ピナイサーラの滝」。
沖縄で一番の落差(55メートル)の滝との事ですよ。

c0148238_22005703.jpg
滝つぼで泳ぎたければライフジャケットを付けてどうぞ。
という事で・・・
c0148238_23243026.jpg
勿論泳いできましたよー。シンクロ?ポーズで1枚(笑)
暫しプカプカと水に浮かんで自然のパワーを注入です。

滝つぼから上がると熱いコーヒーを用意して下さってました。
c0148238_22022557.jpg

もう本当に有り難いですね。
自分の体一つで歩くのでさえもヘトヘトというのに、お弁当やお湯の入ったポットまで持ってきてくれてるなんて。
Oさんは決してヤングな方ではないんですよ。なんて体力なんでしょ。

さ、そろそろ下山しますよ~。
帰り道も色々な植物や生物の説明を聞きながら歩きます。
なんという木の葉か忘れてしまったんだけど、すごく良い香りの葉(枯れ葉)があったんですよ。
ヒノキのような香りに癒されて時折クンクン嗅ぎながら歩いてきました。

それにしても、天気が悪くて暑さがない代わりに足元が滑りやすい。
慎重に、、、と思ったらツルンとやっちゃいましたよ。テヘヘ(^^ゞ
滑り台のようにズズッと滑った先のカーブで止まったから良かったけど、勢いが止まらずカーブを超えたら下に落ちて大ケガだったかもなぁ。
またもやOさんと旅友をドン引きさせてしまった。ゴメンナサイ(^^ゞ
油断大敵です。

ようやく下山したらまたカヌーを漕いで戻りますよ。

c0148238_22034910.jpg
だんだん激しい雨が降る時間が長くなってきました。
でも少しは上達したのか往路よりもラクに漕げたような?いや、風が弱かったから?

さーて、これで大冒険もおしまいです!
ま、小学生以上から参加出来るツアーなので大冒険は大袈裟なんだけど、ワタシにとっては確かに大冒険でした。
こんなに頑張ったの久し振りで達成感アリアリ。楽しかった( '◡' )



[PR]
by yur-cafe | 2017-08-21 00:01 | 沖縄 | Comments(4)

ピナイサーラの滝ツアー*ジャングルを歩く

約40分のカヌー漕ぎを終えたらジャングルトレッキングへ。
ワタシ的にはもう充分頑張った気もするけど(笑)気合い入れてスタート!

トレッキング中はガイドのOさんが常に気遣って下さり、疲れて溜息をついていると黒糖や塩分チャージのタブレットをササッと出してくれるんです。その見事なタイミングに感動( '◡' )
植物や生物についての知識も豊富で、要所要所で説明をして下さるのですが、それが程よい休憩にもなって有り難いのでした。

まず出迎えてくれたのは波状の根が神々しいサキシマスオウの木。
c0148238_18123526.jpg
板が波打っているような根が特徴的なサキシマスオウの木は東村指定天然記念物との事。

この先は両手をフリーにして歩かないと危険そうだったので頂上まで写真はナシ。
雨交じりの天気で足元は滑るし、急な段差やロープを使って登る場所もあったり、なんですよ。
大きな岩をロープで登る所では一回目は踏ん張りが足りず宙ぶらりんの無様な姿(^^ゞ
しかし誰も助けてくれない(助けられない)ので笑ってる場合ではなく・・・
旅友とOさんが無表情でワタシを見下ろしているので二回目は頑張りましたよ。いや、一回目も精一杯頑張ったんだけどさ(-.-;)
もうね、頼るは”己の力のみ”ですよ。エイヤーッ。

さて、トレッキングを開始してから50分位?やっと滝の上に到着でーす。
この川の流れの先が滝になってるんですよ。
c0148238_21551486.jpg

ちょっと下を覗いてみましょ。
といっても、ワタシは高所恐怖症で近寄れず旅友にカメラを託しました(笑)
c0148238_21554489.jpg
これ、滝の横から腹ばいになって撮った写真。
滝の下には泳いでる人達がいますよ!
しかし・・・崖で腹ばいになって覗き込むなんて・・・ワタシは絶対ムリ!ムリムリムリ。
思い出しただけでお尻がゾワッとするわ(-_-#)


滝の上からの景色はこんな感じですよ。
西表島の雄大な眺めを堪能出来ます。
c0148238_21451288.jpg
この日は天気が悪かったので霞んでしまってますが、晴れてたら遠くに青い海と鳩間島、バラス島も一望出来るそうです。
写真の左側に見える川がカヌーを漕いでたとこですね。
こうして見てみると、頑張って登ってきたもんだなぁ。感激もヒトシオ。


暫くするとお昼ご飯を促され、川の音をBGMにランチタイム。
Oさん、お箸を持ってくるのを忘れたそうで、なんとかという木の枝をナイフで削って即席のお箸を作ってくれました!
箸を忘れた事を恐縮してたけど、ワタシはこっちの方が嬉しいわ♡
c0148238_21561406.jpg
おにぎりと八重山の食材のお惣菜のお弁当でした。
食後のフルーツとお茶も頂いてお腹がいっぱい。
ワタシ達の為に重い荷物を持って歩いてくれてありがとうございました。
そして、ご馳走様でした。美味しかったです(˶′◡‵˶)

次は滝つぼへ行ってみよー!
(つづく)



[PR]
by yur-cafe | 2017-08-17 09:03 | 沖縄 | Comments(6)

ピナイサーラの滝ツアー*初のカヌー体験!

いよいよ西表島滞在の本丸「ピナイサーラの滝トレッキング」へ出発です。
カヌーに乗る必要があるのでツアーに参加する事になるのですが、台風接近中でホテルのツアーデスクはこのツアーは受付中断中。
そこでフリーペーパーに載っていたツアー会社にお世話になりました。
ちなみに雨の日はトレッキングが人気なので間際だと予約出来ない事も多いそうですよ。

このツアーはピナイサーラの滝の上と滝つぼを巡る1日コースと、滝つぼのみ行く半日コースがあるんです。
ワタシはてっきり半日コースを予約したと思ってたのですが、旅友に予約を任せたのが失敗で1日コースを申し込んでた(涙)
終わってみれば楽しい思い出だけど、もうヘトヘトでしたよ(--,)
あまり写真を撮る余裕もなかったんだけど、どんなツアーだったか紹介しましょうね。

c0148238_21524429.jpg
ガイドのOさんがホテルまで迎えにきてくれました。
まずはカヌーを漕いで滝を目指す山登りのポイントまで向かうそうです。
トレッキングよりもカヌーをうまく漕げるのか?という不安が・・・(笑)


c0148238_21531497.jpg
ということで、カヌーが目の前に。
二人乗りは二人の息が合ってないとうまく進まないそうで、一人乗りを選択です(笑)
ライフジャケットを羽織ってパドルを持って準備万端!

出発~~~!
意外と真っすぐ漕げてご機嫌なワタシです♪


c0148238_21534421.jpg

Oさんが所々でマングローブの説明をしてくれたり、浅瀬になってる所を教えてくれて避けるように指示して下さいます。
が、風が強い場所では漕いでも漕いでも進まな~い(>_<)
心の中では「ここで体力使い果たすかもー」と、不安が募る一方・・・


c0148238_21541448.jpg
先に見える滝を目指すんですよ。
エイ!エイ!オー!
(つづく)




[PR]
by yur-cafe | 2017-08-16 06:50 | 沖縄 | Comments(6)

浦内川ジャングルクルーズ&トレッキング @西表島

心の片隅にある「石垣島に行きたーい」という思いが日増しに大きくなってます。
というのも、ワタシの周りで「石垣島に行ってきます!」という人が多いから。
過去、台風に振り回された夏は回避して(笑)秋以降に行けたらいいなぁ、そんな事を思いながら昨年の”西表島フォルダ”を開けてみました。
さて、久々に西表旅の続きを再開してみましょうか( '◡' )

珍しくアクティブな休日を過ごした西表島。3日目は浦内川クルーズ&トレッキングへ出発。
翌日にこの旅の本丸(?)ピナイサーラの滝トレッキングを予定していて、浦内川はその前哨戦ともいえましょうか。
気合いたっぷりで出発ですっっっ!
c0148238_17034887.jpg
と、張り切って出発したものの、うっかり船着き場を通り越すというミス。
うっかりでは済まされない場所からUターンして、なんとか船着き場に到着(-_-;)
予定通り10:30の船に乗船~!


c0148238_17084677.jpg
そうだった。当日(2016/9/13)は台風が目前に迫ってた頃。
しかし、雨で海遊びがダメでも山遊びを楽しめるのが西表島なのです。
天気予報を見ながら、晴れてそうな滞在前半にイダの浜へ。後半にピナイサーラの滝トレッキングを計画。
この日は特に予定がなかったので浦内川のトレッキングを思い立ったわけです。

さあ、出発の時間ですよ♪

c0148238_17591272.jpg
まずは下流船着場から約30分のクルーズで上流船着場へ。
そこから歩いてマリユドゥの滝展望台⇒カンビレーの滝⇒帰路という行程。


c0148238_12385072.jpg
船頭さんが教えて下さったのですが、西表島には日本産の主要なマングローブの全種類(7種類)が全て生息しているそうです。
貴重な自然に包まれた島なのだなーと改めて実感。
イリオモテヤマネコは島民でもなかなか遭遇しないそうですが、野生のイノシシは見ましたよ。

西表島のお話を聞いてるうちに上流船着場に到着です。

c0148238_21502542.jpg
船着場付近からの眺め。ん~、いい感じだ♪
ここから滝を目指してトレッキング開始~。

c0148238_21510377.jpg
↑こんなふうに舗装されてる道は最初だけで途中からは山道です。
暑さと日頃の運動不足もあってか段々疲れて無口になる(笑)

歩き始めて30分位かな?
マリユドゥの滝展望台に到着~!!
c0148238_21513953.jpg
c0148238_21520991.jpg
日本の滝100選に選ばれたマリユドゥの滝を眺めながらクールダウン。
ここからもう少し歩いてカンビレーの滝を目指しますよー。

c0148238_22231909.jpg
カンビレーの滝までの15分位が結構しんどかったなぁ。
ひたすら黙々と歩いてたような記憶(u_u;)

c0148238_21523995.jpg
山道を抜けると目の前にカンビレーの滝!
轟音を立てて勢いよく岩肌を水が流れる光景は気持ち良いものです。


c0148238_21531897.jpg
c0148238_23195613.jpg
ポットホール(川の流れによって小石が回転して川底の岩石にできた穴)も沢山見えました。
長い年月をかけて成長した穴と思うと神秘を感じますね。
ここで疲れを癒しながらのーんびり過ごしたいところですが、帰りの船の時間まで45分。
往路の時間を逆算するとギリギリだ~!と、一目散に引き返したワタシ達でした。

カンビレーのカン=神 ビレー=座る という意味との事。
「西表島の15人の神様が集まって島づくりの談合をした聖地」という言伝えがあるそうですよ。

・・・

ホテルに戻ってプールでクールダウン中に大粒の雨が降ってきた~!
海から聞こえる波音もザッパーン・・・と荒々しい音。
いよいよ台風が迫ってきてるのねぇ。
c0148238_23374297.jpg
さーて、翌日はいよいよピナイサーラの滝トレッキング。
どうなることでしょう?



[PR]
by yur-cafe | 2017-08-14 23:40 | 沖縄 | Comments(4)


旅と日常のエピソード


by miyo

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
Bali
Lombok
Hawaii
台湾
France
北海道
東北
鎌倉
伊勢志摩
中部
関西
四国
山陽
九州
沖縄
よもやま話

タグ

(307)
(185)
(110)
(92)
(74)
(43)
(40)
(36)
(29)
(25)
(24)
(17)
(17)
(14)
(14)
(14)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

ブックマーク

お気に入りブログ

BAGUS!
もひょつんち
太陽と南の島
天国の入り口
ShinjiのPhoto...
もっと歩々晴天
Slo-Mo Life ...
Rise覚書
Sky is the l...
ぴっから~
* Happy Slow...
LE FOTO
おマメ日記
fufu log
Msphoto
気ままにオージーLIFE
ENAK!DAYS
cahier de vo...
Tiny Happy Days
おマメ日記+plus
沖縄の休日
Travel is my...
ねこのため息
旅色ゆるるん
Travel is my...
沖縄の休日2
バリ島大好き

最新のコメント

胃袋が帰国したがってるっ..
by bemnty at 08:14
海を見たときにサヌールっ..
by umi_bari at 06:57
パサール巡り、たまりませ..
by umi_bari at 14:02
カフェロータス、元に戻り..
by umi_bari at 14:00
この正装を見ると、もうワ..
by umi_bari at 22:59
何もしないのが本当のリゾ..
by umi_bari at 22:51
+アラックさん こうし..
by yur-cafe at 13:50
+miminnさん、こん..
by yur-cafe at 13:46
+アラックさん、こんにち..
by yur-cafe at 13:44
再会と新しい出会い、良か..
by umi_bari at 10:34

最新の記事

パナース(-_-;)
at 2017-09-19 00:45
ドリアンの季節
at 2017-09-15 11:54
元気な通学路
at 2017-09-15 11:51
王宮辺りをぶらぶら
at 2017-09-15 11:45
パサールへ
at 2017-09-15 11:43
オダラン
at 2017-09-13 22:52
今日もじゃらんじゃらん
at 2017-09-13 22:45
Terima kasih b..
at 2017-09-13 08:50
いつかの小道 その後
at 2017-09-12 18:16
心地よい音
at 2017-09-12 18:10

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..

ブログパーツ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事