<   2016年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

そうだ 天草行ってみよう #3

日帰り天草旅行。海沿いのドライブで妙見浦の象さん岩にほっこりした後に向かったのは、丘の上に建つ教会「大江天主堂」。

大江天主堂は天草で最も早く造られた教会。
天草で布教に生涯を捧げたフランス人宣教師ガルニエ神父が、私財を投じ地元信者と協力して建てた教会との事です。

c0148238_13594325.jpg
丘の上の白亜の教会・・・絵になる〜。


c0148238_1259635.jpg
教会内の撮影は出来なかったのですが
畳の上にパイプいすが並ぶ、優しい教会でした。


c0148238_12591030.jpg
ステンドグラスが可愛いんですよ~。


c0148238_12591462.jpg
お花がモチーフの優しい色のステンドグラスです。


c0148238_1259199.jpg
面白いヤシの木ですね (☉ᴗ☉๑)
お庭には沢山の植物が育っていて
よく手入れされていると感じましたよ。


c0148238_12592449.jpg
眼下には民家の屋根、そして遠くには海が。
気持ち良い眺めだな~!

さて、次の目的地に行ってみよー。

c0148238_12593028.jpg
その道すがら突如目に飛び込んできた黄色。

12月というのにヒマワリが咲いてたんですよ。
見間違いかと思ったけど間違いなくヒマワリです。
これは嬉しかったなぁ(๑>◡<๑) 


c0148238_12593726.jpg
すっかりサンセットの時間になってきた~(。>﹏<。)
急いでたんだけど美しい景色にちょっと足を止めて休息を。

[PR]
by yur-cafe | 2016-07-26 11:30 | 九州 | Comments(0)

そうだ 天草行ってみよう #2

天草には天草上島と下島があって、熊本から天草上島に入った時の第一印象は大型ショッピングセンターが多くあり、交通量も多く「想像してたよりずっと賑やかな街」でした。
住んでる方には失礼かもしれませんが、勝手に「のんびりした島」の景色を思い描いてものでビックリしました(^^ゞ

さて、これから目指す場所は天草下島にあります。
「天草に着いたぞ~」なんてホッとしてたら、、、結構遠いのね(・・;)
前回の記事で紹介した天草更紗のお店のみならず、楽しみにしていたランチの海鮮も泣く泣く断念してコンビニのサンドゥイッチで我慢(お店オリジナルの”Made in天草”をチョイス。笑)したというのに、なかなか目的地に辿り着きません。

陶器の「丸尾焼」から1時間程してやっと第一目的地に到着ー!

c0148238_1718913.jpg
こちらは天草西海岸にある妙見浦の眺め。
12月という事を忘れてしまうような真っ青な海に感動♪

さ、見て下さいな~!

c0148238_171805.jpg
何かに見えませんか?


c0148238_1718551.jpg
ゾ~ウさん、ゾ~ウさん、お鼻が長いのね~♪

東シナ海から続く天草灘の風波によって造り出された妙見岩で
通称「妙見浦の象さん岩」といわれてるそうです( '◡' )
象さんが歩いてるように見えますね。


c0148238_17181359.jpg
わ~、もう日が傾いてきたぞ(>_<)



***
[PR]
by yur-cafe | 2016-07-25 12:00 | 九州 | Comments(2)

そうだ 天草行ってみよう #1

近頃よく目にする「九州ふっこう割」。
九州をお得に旅して、九州を応援できるという観光復興のための制度ですね。
ワタシにとっても九州は魅力ある場所が多く、是非行ってみたい場所があるのですが残念ながら地震の影響で現在は行けない所。
いつか再開して行ける日を楽しみにしているとこです。

「九州ふっこう割」を利用して旅行を検討してる方も多いかもしれませんので、ここ数年に旅行した九州のあちらこちらの写真を紹介したいと思います。
微力ながら旅のヒントになれば幸いです♪

まずは昨年末に熊本から天草に出掛けた時の模様を。
日帰り観光にしたのが悔やまれる程に素敵な所だったなぁ。
”いつか再訪したいリスト”の上位に入ってますよ(笑)


天草に行く途中、休憩も兼ねて立ち寄ったのが宇城市の三角西港。
c0148238_1432498.jpg
明治三大築港の一つとのこと。
明治17年から20年にオランダ人水理工師である
ムルドル氏の設計によって造られたそうです。


c0148238_14395348.jpg
石畳の埠頭がなんとも良い雰囲気なんですよ。
異国情緒漂う港でホントに良い雰囲気。


c0148238_1536244.jpg
こちらは「和蘭館」という海を眺められるカフェ。
明治20年に建てられた土蔵造りの荷役倉庫との事ですが
レトロな雰囲気を残しながら改装したそうですよ。
時間があればテラスでお茶を飲みたかったなぁ。

和蘭館だけではなく、近くには西洋風の美しい建築物あって
ぶらぶら散歩しながら眺めるのも楽しいひと時でした。


c0148238_14331166.jpg
木陰の気持ち良さそうなベンチ♪


c0148238_14413722.jpg
想像以上に素敵な三角西港でしたー。



そしていよいよ天草へ・・・

実は思いつきで決まった天草旅行。
天草の事をよく知らなかったワタシでしたが、慌てて色々と調べていくうちに「天草更紗」と「天草陶磁器」に興味津々。
天草更紗は16世紀に南蛮船によって伝えられた模様布で、可愛らしい小物等もあるようで自分用のお土産に一つ買いたいな、なんて思ってました。
そして意外だったのは天草は陶石の埋蔵量と品質で日本一の場所なのだそうです。
30軒以上もあるという窯元を巡る、というのも楽しそうです。

と、珍しくやる気満々だったワタシですが、時間が足りない~(涙)
どう考えても窯元巡りなんて無理な話で、幾つかチェックしてた中から「丸尾焼」さんに立ち寄りました。

c0148238_1441515.jpg



c0148238_1442249.jpg
大きな窓から光が入り、開放感あるギャラリーでした~。
店内の奥はカフェになっていて、それがまた素敵な雰囲気です。
天草に行ったのは昨年の12月だったのですが、クリスマスにアップした写真⇒★の下から2枚目のサンタさんは丸尾焼さんの作品なんですよ。

さてさて、悩みに悩んで湯呑茶碗を二つ選びました。
とても可愛くて気に入ってます(v.v )

・・・が、ここで時間を費やしたため、天草更紗のお店は断念せざるを得ない状況に(--,)
それはかなり残念でしたが、買い物も済んだ事だし観光に行ってみよー!


***
[PR]
by yur-cafe | 2016-07-24 12:00 | 九州 | Comments(2)

ZUMI

c0148238_1056215.jpg
偶然にもちょうど1年前の今頃は夏休みで沖縄を旅行中でした。
トリプル台風接近のあの日、東京から那覇に到着したのはたった2便だったらしいのですが、幸運にもその1便に乗る事が出来た事に感謝です。
着陸の瞬間は怖くて涙目になったけど、地上に降り立った我々はまるで映画アルマゲドンのラストシーンのようでした。BGMはエアロスミスのあの曲ですよ(笑)
いや、我々は悲鳴をあげてただけで、頑張ったのはパイロットさんですけどね。

バリ島に行く予定の日程をそのまま沖縄に充てたので、国内の旅行としては長い11泊の旅。
石垣島は台風の影響が残っていたので、一日を通して「真っ青な空、真っ青な海」という日はなかったのが残念だったけど、晴れたり雨だったりのドライブも楽しいものでした。
本音を言えば、次回石垣島に行った時は本領発揮の景色を見てみたいです(笑)

その分、宮古島では天候に恵まれ、夏の沖縄らしい景色を多く目にしたように思います。

そうそう、1年前の今日7/15は石垣島から宮古島に移動する日で、写真データを見てみるとこの時間は白保のおじい達と楽しい時間を過ごしてた頃でした。⇒★
懐かしいな、また会えるといいなぁ。



11日間の滞在では沖縄を語れるだけの経験をしたとは全く思えませんが、ワタシは相当沖縄が好きになったと思う(v.v )

知り合いに沖縄が大好きで何度も何度も通っている方がいるのですが、その人が持っているガイド本は何度もページをめくって読んだと分かる位に紙がふっくらしていました。(”地球の歩き方”みたいな詳しい説明が書かれている本でした)
その愛着ある本を気軽に「貸して」とは言えなかったし、なんだか圧倒されたような気分でしたが、今は理解出来るワタシがいます。
島旅が大好きなワタシにとって、石垣島や宮古島は魅力ありすぎました。



最後に・・・
c0148238_1056983.jpg
宮古島の方言で「ずみ」という言葉があるのですが、「素晴らしい」とか「最高」という意味だそうです。
石垣島のうさぎやの三線ライブで教えて頂きました。⇒★

沖縄、ずみ!だったよ〜。
またいつか「ずみ!」な休日を過ごせますように( '◡' )

[PR]
by yur-cafe | 2016-07-15 13:15 | 沖縄 | Comments(2)

行きも帰りも那覇は雨

昨日の帰り道、あと一歩というとこでゲリラ豪雨&雷に怯えながら帰ってきたワタシです。
こんな時に傘さして歩いてて大丈夫なんだろうか?とドキドキでした(>_<)
でも水不足が深刻化してるので降ってくれないと困りますね・・・



さて、昨年の夏旅は那覇⇒石垣島⇒宮古島⇒最後に那覇でランチ⇒東京という旅程だったのですが、那覇は行きも帰りもドシャ降り。
10日振りに戻ってきた景色を見てデジャブかと思ったわ(笑)

せっかく日記形式で綴った昨年の夏旅ですから、最後の数時間分を記録しておきます。

c0148238_1923026.jpg
雨の事など考えてなかったから
傘は持ってないし、行きに買ったカッパも捨てちゃったよ(--,)
小降りになるまで外を眺めながら待つとするか・・・



さーて、ランチは沖縄らしくステーキハウスで。
離島ではずっと沖縄そばを食べてたので、最後はステーキ!と。
c0148238_9545619.jpg
肝心のお肉の写真は無く、その代わり「噂のA1ソースとNO.1ソースだぁ」と
興奮して撮ったピンボケ写真のみ残ってました(笑)


お腹いっぱいになったとこで国際通りをぶらぶら散歩。
c0148238_1923428.jpg
A&Wとブルーシールの組み合わせに胸キュン♪


c0148238_1924167.jpg
牧志公設市場に寄って小腹が空いた時用の”おにぎりかまぼこ”ゲット。


c0148238_192458.jpg
また雨が降ってきたー。

雑貨屋さん巡りをしながら雨宿り。
オリオンのTシャツ、可愛かったなぁ。


名残惜しいけどそろそろ空港へ。



c0148238_1925536.jpg
雨上がりの空を眺めながら
美しい思い出を胸に東京へ・・・

[PR]
by yur-cafe | 2016-07-15 13:10 | 沖縄 | Comments(0)

おいしい庄内

今回は仙台経由でしたが、以前、羽田から空路で庄内空港まで行った時のこと。
「当機は間もなく”おいしい庄内空港”に到着・・・」というアナウンスが。
「ん?美味しいって言った?」と耳を疑ったのだけど・・・

c0148238_11295153.jpg

山形に二つある空港の愛称が「おいしい庄内空港&おいしい山形空港」だったのでした。
そういえば面白い愛称の空港が沢山ありますもんね。
「鳥取砂丘コナン空港」とか「徳島阿波おどり空港」とか・・・

いや~、美味しいんですよ。庄内。
米処なのでご飯が美味しいのは勿論、メロンや庄内柿などの果物も美味しい。
そしてやっぱり外せないのは庄内の海の幸。
美味しく頂けるお気に入りの居酒屋さんがあるので紹介しましょう。

それは鶴岡駅から近い場所にある「堂道」という居酒屋さん。
同行者はいつもの旅友です。

c0148238_11252053.jpg
早速、お刺身の三点盛りを注文するとマグロと鯛とアジが。
もうね、普段食べるお刺身とは全く違うのよ~!
新鮮で身がしまってて、程よく脂ののった美味しさが堪りません。
しかも贅沢な厚さなんですよ~。満足、満足^^

感動したのがホタテ。
予約の電話をした時「何か用意しておくものはありますか?」と聞かれたので「当日メニューを見て決めます・・・」と返事しながら「あっ!」と思い出したのがホタテのバター焼きが美味しかったこと。
時期的に無理かな?と思いつつ聞いてみると「今はあまり美味しそうじゃないから仕入れてないんですよ」とのこと。残念~。
でも、本当に美味しいものだけをメニューに揃えているという証ですよね。

ですが、本日のおすすめメニューに「ホタテのバター焼き」が入ってるじゃありませんか!
私達の後、隣のテーブルの方が注文した時には売り切れだったので、少しだけ仕入れてくれたのでしょうね。
美味しく頂きましたよー!!ありがとうございました♪
他にもイカ焼きや唐揚げなど沢山食べましたがハズレなしの美味しさでした。


そしてこの日、もう一つ「ありがとう」が。
会計後に抽選があって、旅友がくじ引きを2枚引くと1枚は缶ビールの当たり!そしてもう1枚には「ボトル」と書かれていたのです。
ボトルキープだったら次に来るのは1年後とかもしれないし・・と思ったら記念の芋焼酎ボトルのプレゼントだったのです(๑>◡<๑)
お隣さんにも「いいなぁ」と絶賛されました(笑)
ホタテも私達が取っちゃったし、ボトルまで見せつけちゃってスミマセン(^^ゞ

缶ビールと焼酎を手にご満悦の旅友の写真があるのですが、それは自粛して・・・(笑)
c0148238_11252588.jpg
庄内を思い出しながら頂きたいと思います( ˇ◡ˇ )

本来なら常連さんに渡るべきボトルだったのかもしれないのに東京に持ち帰ってしまったので(笑)少しでもお礼になれば、と、このブログで「堂道」さんの紹介をさせて頂きました。

■お店data
山形県鶴岡市末広町6-52
0235-25-3483
週末は特に混んでいるようですので、予約した方が良いです!


c0148238_11252882.jpg
この写真は随分前の秋に撮ったものですが、今は田植え後で緑が鮮やかでしたよ~。
[PR]
by yur-cafe | 2016-07-11 17:00 | 東北 | Comments(2)

新緑を浴びに #2

とある写真展で見た美しい景色が忘れられず、何かの機会があれば行ってみよう!と思っていた場所。それは・・・

c0148238_132759100.jpg
丸池様・・・様?誰?(笑)


まずは、ここは何処かといいますと山形県飽海郡遊佐町。
先ほどまでいた元滝は秋田県でしたが少し走ると山形県なんです。

「箕輪鮭漁業生産組合」という鮭の遡上、採卵、稚魚の世話をしている場所の裏手に流れる「牛渡川」という川に沿って数分歩くと「丸池様」に出会えるという事。


c0148238_13471370.jpg
この牛渡川がまたとんでもなく透明でビックリ。
写真だと見えにくいのですが、川底に”バイカモ”という水草がさわさわ流れてました。

間もなくして「わ~~~っ」という光景が。
こんなにも早く出会えるなんて拍子抜けしちゃうよ。丸池様!!

c0148238_1328548.jpg
ひゃ~!青い~!
いや、知ってましたよ。青い池という事は。
でもこんなに青い池とは思ってなかったんですよね・・・。
この青、目でみたままの青です。
なんて神秘的なんでしょうか。


c0148238_134635100.jpg
光の加減や目線で色の変化があります。

少し説明を加えると、丸池様(信仰の対象となっている神秘の泉なので”様”を付けるそうですよ)は直径20m、水深3.5mの割と小さな池。
鳥海山の湧水のみを水源としています。
看板の一文に「水中の倒木もなかなか朽ち果てず、まるで龍のごとく池底にひそんでいます」とありましたが、湧水が絶えず循環しているので朽ちる事がないのだとか。


c0148238_13281070.jpg
丸池様を囲む木々から、うねるような枝が沢山出ていたのが不思議な光景でした。
これも自然がつくり出した神秘なのでしょうか。


ここ数年、日本の美しい景色を目にする機会が増えて嬉しい限り。
その度に幸せをひしひしと感じてます。
またもやこんな素敵な場所に来る事が出来て良かった。

-----

さて、酒田市にやって来ました。
c0148238_13282229.jpg
こちらは「山居倉庫」といって明治26年に建てられた米保管倉庫。(倉庫は今も現役で使われてます)
写真は倉庫の裏手になるのですが、黒壁にケヤキの木の緑が映えて綺麗。
このケヤキは美観のためではなく、日本海からの強風を防ぐ役割と夏の西日を防いで倉庫内の温度を一定に保つ目的で植えられたもの。


倉庫の表は新井田川に面していて船着場があります。
c0148238_1681634.jpg
江戸時代、県内で収穫したお米を山居倉庫に保管し、その後、船に積み替えて日本の各地に輸送したそうです。
上りは木綿や茶葉、塩、砂糖等を運び、下りは米、紅花、大豆等を運んだとの事。
川沿いの石畳の小道が風情ありました。

c0148238_1328265.jpg
新緑の頃は勿論、紅葉や雪の季節も綺麗でしょうね。
[PR]
by yur-cafe | 2016-07-08 17:00 | 東北 | Comments(0)

新緑を浴びに #1

とある写真展で見た美しい景色が忘れられず、何かの機会があれば行ってみよう!と思っていた場所がありました。
それは山形県と秋田県の県境にある「鳥海山」のふもとにある場所。

年に1、2回仙台に行く機会があるので、うまく土日を使って・・・虎視眈々と狙ってたところ、希望通り6月の新緑の時期に行けた~!
もれなく仙台では牛タンを堪能です( '◡' )

まずは鳥海ブルーラインという観光用道路で5合目まで。
c0148238_10325757.jpg
6月は残雪もあって風が吹くととても寒いです。
念のため、、、と、持っていったパーカーでは足しにならない程(>_<)
眼下には日本海の大パノラマ・・・なのですが、なにしろ寒くて食堂でラーメン食べて撤収(笑)


下山して秋田県にかほ市象潟町にある「元滝」を目指します。

駐車場から滝がある場所までは700m(徒歩10分位)。
”熊出没注意”の看板を見ても特に緊張感もなく楽しくお散歩。

c0148238_1063086.jpg
歩道脇を流れる川の美しさったらありません。


c0148238_1234114.jpg
ものっすごい透明度に感動~!
これは写真展で見た時には知り得なかった景色。
実際に足を運ばないと感じられないものって多々ありますね。


あちこちで足を止めたので700mより長く歩いた気がしますが、、、やっと滝が見えてきた!


c0148238_11115691.jpg
実際にはこれは元滝ではなくて伏流水との事です。
鳥海山に染み込んだ水が80年の歳月をかけ、こちらの岩肌一帯から”ドバーッ”と湧き出してる状態で、その水量は一日に5万トンですって(°°;)
・・・5万トンって!80年の歳月って!いやはや自然って凄い。

元滝はもっと奥にあるそうですが今は通行止めで行けないので、いつの間にかこの伏流水が元滝と呼ばれるようになったそうです。

ここは撮影スポットとして有名な場所なので、三脚を立てて真剣に撮影してるカメラマンが2人いらっしゃいました。
観光客は少ないので、静かで水の音が響き渡って気持ち良かったですよ~。
綺麗な水に繁茂した苔の緑も綺麗でした。

初夏の暑さの中を歩いてきたので体が火照っていましたが、冷んやりしたマイナスイオンに包まれて一気にクールダウンです。

この後に一番行きたかった場所に行ったのですが、長くなったので次回にしましょう。
[PR]
by yur-cafe | 2016-07-07 01:00 | 東北 | Comments(2)

宮古島 最後の夜

c0148238_1919625.jpg
楽しかった宮古島滞在もこれが最後の夜(@2015夏)。
夕焼けの空を眺めるとちょっぴり切なく寂しいような。


c0148238_19193287.jpg
さーて、宮古島最後の夜にカンパ~イ!
写真は撮ってないんだけど最後の晩御飯は「キッチン みほりん」で。
メニューは郷土料理が多く揃っていて美味しかったです~♪

ワタシ達の隣りに地元の方々の会合らしきテーブルがあったのですが、いつになっても全員揃う気配無く、1人来て、また1人来て・・・
もしやこれが沖縄時間ってやつ?と楽しく拝見させて頂きました(笑)

-----

この日は土曜日でシギラリゾートの花火が上がる日。
c0148238_19191988.jpg
約6分間の贅沢を味わいました!
写真は全然綺麗に撮れなかったのであえて笑える写真をチョイス。
見ようによってはアートってことで(笑)


c0148238_19192755.jpg
こちらは「VILLAGE琉球の風アイランドマーケット」で行われていたライブステージ。
近くを歩いてたら「オジ~自慢のオリオンビ~ル♪♪」と聞こえてきたので慌てて行ってみると、地元の子供たちがエイサーを披露中でした。
動きが早過ぎて写真がブレブレですが、これが可愛いのなんの。
手拍子しながら口元は常にニンマリしちゃいましたよ(˶′◡‵˶)

右側の獅子舞みたいのは、大きく開けた口をお客さんの顔の前でバンッと大きな音を立てて閉めるのですが、かなりスリリングなんですよ~。
ワタシも一度捕まってバンッとされたのですが、結構コワかった(笑)
中に入ってるのは中学生位の男の子でしたが、会場中を盛り上げる芸達者っぷりでした。

こうして年甲斐もなく大はしゃぎの夜を過ごしたのでしたー。

-----

c0148238_0351338.jpg
翌朝は那覇空港へ移動。
いつまでも名残惜しく島を眺めながら・・・バイバイ。


c0148238_8344554.jpg
宮古島の海は今まで見た海の中で一番の綺麗さだったなぁ。
また必ず再訪するもんね。うん。

・・・

写真は東洋一美しいと言われる与那覇前浜ビーチ
空港に移動する前に見納めました( ˇ◡ˇ )

[PR]
by yur-cafe | 2016-07-05 08:45 | 沖縄 | Comments(6)

渡口の浜 @伊良部島

宮古島4日目は海遊び。
旅友が前日気に入った新城海岸に行こうと思ったのだけど、どうも雲行きが怪しい。
石垣島も宮古島も毎日スコールがあったのですが、こんな時は黒い雲を避けて・・・と。

伊良部大橋を渡って伊良部島の渡口の浜にやって来ました。
着いた途端激しいスコールで(避けたつもりなのに。笑)車の中で待機してたのですが、1時間程で青空全開!!

c0148238_12543733.jpg
駐車場から歩いてビーチに出ると・・・


c0148238_12544249.jpg
足跡も見えないような砂浜に感動。


c0148238_12544746.jpg
こちらは海の中から海岸を。

エメラルドグリーンに包まれてプカプカ・・・
いや、実はここサーフィンも出来るようなビーチなんですよ。


c0148238_12545120.jpg
ほ~ら、波が来たぞ(°°;)


c0148238_12545553.jpg
ジャーンプ!!

この波を目で追ってると、崩れた波と格闘する旅友を発見。

私が20代の頃、ボディーボートに夢中になった時期があったのですが、慣れない頃は崩れた波に押し戻されて沖まで出られなかったっけなぁ・・
そんな事を思い出してしまった(笑)

なーんて懐かしがってる場合ではなく、あまり岸から離れないように気を付けなくちゃね。

+++
渡口の浜は監視員がいる海水浴場ではありません。
サーフィンが出来るような地形ですので海水浴の際は十分な注意が必要です。
この旅行から帰った一カ月後、この海岸で水難事故がありました。
防波堤の近くは離岸流があるので気を付けた方が良いそうです。
特に台風前後は危険なので海には入らず景色を楽しんだ方が良いですね。
+++

c0148238_12553295.jpg
疲れたので海遊びは終わり!
気になってたA&Wのルートビアを飲んでみたのですが・・・絶句。
噂には聞いてたけど、ほんと、サ○ンパスみたいなのね。
旅友は「ヤミツキになるかも」と言うのでルートビアは任せて、ヤドカリ観察でもしましょ(笑)


c0148238_12553849.jpg
対岸のスコールの様子を見てると南の島を感じて楽しかった~!


+++

さてと、遅いランチを。
c0148238_130582.jpg
結局沖縄そばを食べたくなって丸吉食堂へ。老舗の人気店との事です。


c0148238_131647.jpg
ワタシは三枚肉そば、旅友はてびちそば。
三枚肉そばは美味しかったけど、てびちは少し臭みを感じて食べ難かったらしい。
てびちそばの評判は良いので、この時はたまたまだったんだろうと思います。

食べ終わった頃、嬉しい事にアイスキャンディーをサービスしてくれるんです。

c0148238_1311226.jpg
おそばの値段の下に”アイスキャンディー付き”とありました♪
手作り(たぶん)の素朴な味わいのアイスキャンディーでしたよ!


c0148238_131181.jpg
Orionのコップ、可愛いなぁ・・・
[PR]
by yur-cafe | 2016-07-01 15:30 | 沖縄 | Comments(2)


旅と日常のエピソード


by miyo

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
Bali
Lombok
Hawaii
台湾
France
北海道
東北
鎌倉
伊勢志摩
中部
関西
四国
山陽
九州
沖縄
よもやま話

タグ

(310)
(194)
(112)
(93)
(82)
(43)
(40)
(36)
(30)
(27)
(24)
(18)
(17)
(14)
(14)
(14)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

ブックマーク

お気に入りブログ

BAGUS!
もひょつんち
太陽と南の島
天国の入り口
ShinjiのPhoto...
もっと歩々晴天
Slo-Mo Life ...
Rise覚書
Sky is the l...
ぴっから~
* Happy Slow...
LE FOTO
おマメ日記
fufu log
Msphoto
気ままにオージーLIFE
ENAK!DAYS
cahier de vo...
Tiny Happy Days
おマメ日記+plus
沖縄の休日
Travel is my...
ねこのため息
旅色ゆるるん
Travel is my...
沖縄の休日2
バリ島大好き

最新のコメント

+アラックさん、こんにち..
by yur-cafe at 08:11
白保の朝市なんですね、楽..
by umi_bari at 17:46
+bemntyさん、こん..
by yur-cafe at 18:53
+アラックさん、こんばん..
by yur-cafe at 18:46
うぁ〜、高千穂峡、九州妄..
by bemnty at 07:45
神々の聖地ですよね、鴨た..
by umi_bari at 20:50
+アラックさん、こんばん..
by yur-cafe at 19:53
トロッコの旅、たまりませ..
by umi_bari at 11:03
+アラックさん、こんにち..
by yur-cafe at 09:29
大地震の被害はまだまだ大..
by umi_bari at 14:44

最新の記事

白保日曜市へ @石垣島
at 2017-12-04 08:50
おぼろ月夜に神楽を
at 2017-11-30 18:32
新緑が眩かった
at 2017-11-28 20:00
東洋一の高さの鉄橋
at 2017-11-27 00:15
思いがけず の通潤橋 @20..
at 2017-11-21 11:45
秋日和
at 2017-11-20 11:36
小さなガムラン隊
at 2017-11-16 21:15
ハイ、ポーズ!
at 2017-11-15 10:38
ワンコも一緒
at 2017-11-14 12:46
1月の川平湾 @2017年
at 2017-11-13 12:30

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..

ブログパーツ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事