タグ:Yaeyama-2016 ( 18 ) タグの人気記事

ピナイサーラの滝ツアー*ジャングルを歩く

約40分のカヌー漕ぎを終えたらジャングルトレッキングへ。
ワタシ的にはもう充分頑張った気もするけど(笑)気合い入れてスタート!

トレッキング中はガイドのOさんが常に気遣って下さり、疲れて溜息をついていると黒糖や塩分チャージのタブレットをササッと出してくれるんです。その見事なタイミングに感動( '◡' )
植物や生物についての知識も豊富で、要所要所で説明をして下さるのですが、それが程よい休憩にもなって有り難いのでした。

まず出迎えてくれたのは波状の根が神々しいサキシマスオウの木。
c0148238_18123526.jpg
板が波打っているような根が特徴的なサキシマスオウの木は東村指定天然記念物との事。

この先は両手をフリーにして歩かないと危険そうだったので頂上まで写真はナシ。
雨交じりの天気で足元は滑るし、急な段差やロープを使って登る場所もあったり、なんですよ。
大きな岩をロープで登る所では一回目は踏ん張りが足りず宙ぶらりんの無様な姿(^^ゞ
しかし誰も助けてくれない(助けられない)ので笑ってる場合ではなく・・・
旅友とOさんが無表情でワタシを見下ろしているので二回目は頑張りましたよ。いや、一回目も精一杯頑張ったんだけどさ(-.-;)
もうね、頼るは”己の力のみ”ですよ。エイヤーッ。

さて、トレッキングを開始してから50分位?やっと滝の上に到着でーす。
この川の流れの先が滝になってるんですよ。
c0148238_21551486.jpg

ちょっと下を覗いてみましょ。
といっても、ワタシは高所恐怖症で近寄れず旅友にカメラを託しました(笑)
c0148238_21554489.jpg
これ、滝の横から腹ばいになって撮った写真。
滝の下には泳いでる人達がいますよ!
しかし・・・崖で腹ばいになって覗き込むなんて・・・ワタシは絶対ムリ!ムリムリムリ。
思い出しただけでお尻がゾワッとするわ(-_-#)


滝の上からの景色はこんな感じですよ。
西表島の雄大な眺めを堪能出来ます。
c0148238_21451288.jpg
この日は天気悪かったので霞んでしまってますが、晴れてたら遠くに青い海と鳩間島、バラス島も一望出来るそうです。
写真の左側に見える川がカヌーを漕いでたとこですね。
こうして見てみると、頑張って登ってきたもんだなぁ。感激もヒトシオ。


暫くするとお昼ご飯を促され、川の音をBGMにランチタイム。
Oさん、お箸を持ってくるのを忘れたそうで、なんとかという木の枝をナイフで削って即席のお箸を作ってくれました!
箸を忘れた事を恐縮してたけど、ワタシはこっちの方が嬉しいわ♡
c0148238_21561406.jpg
おにぎりと八重山の食材のお惣菜のお弁当でした。
食後のフルーツとお茶も頂いてお腹がいっぱい。
ワタシ達の為に重い荷物を持って歩いてくれてありがとうございました。
そして、ご馳走様でした。美味しかったです(˶′◡‵˶)

次は滝つぼへ行ってみよー!
(つづく)



[PR]
by yur-cafe | 2017-08-17 09:03 | 沖縄 | Comments(0)

ピナイサーラの滝ツアー*初のカヌー体験!

いよいよ西表島滞在の本丸「ピナイサーラの滝トレッキング」へ出発です。
カヌーに乗る必要があるのでツアーに参加する事になるのですが、台風接近中でホテルのツアーデスクはこのツアーは受付中断中。
そこでフリーペーパーに載っていたツアー会社にお世話になりました。
ちなみに雨の日はトレッキングが人気なので間際だと予約出来ない事も多いそうですよ。

このツアーはピナイサーラの滝の上と滝つぼを巡る1日コースと、滝つぼのみ行く半日コースがあるんです。
ワタシはてっきり半日コースを予約したと思ってたのですが、旅友に予約を任せたのが失敗で1日コースを申し込んでた(涙)
終わってみれば楽しい思い出だけど、もうヘトヘトでしたよ(--,)
あまり写真を撮る余裕もなかったんだけど、どんなツアーだったか紹介しましょうね。

c0148238_21524429.jpg
ガイドのOさんがホテルまで迎えにきてくれました。
まずはカヌーを漕いで滝を目指す山登りのポイントまで向かうそうです。
トレッキングよりもカヌーをうまく漕げるのか?という不安が・・・(笑)


c0148238_21531497.jpg
ということで、カヌーが目の前に。
二人乗りは二人の息が合ってないとうまく進まないそうで、一人乗りを選択です(笑)
ライフジャケットを羽織ってパドルを持って準備万端!

出発~~~!
意外と真っすぐ漕げてご機嫌なワタシです♪


c0148238_21534421.jpg

Oさんが所々でマングローブの説明をしてくれたり、浅瀬になってる所を教えてくれて避けるように指示して下さいます。
が、風が強い場所では漕いでも漕いでも進まな~い(>_<)
心の中では「ここで体力使い果たすかもー」と、不安が募る一方・・・


c0148238_21541448.jpg
先に見える滝を目指すんですよ。
エイ!エイ!オー!
(つづく)




[PR]
by yur-cafe | 2017-08-16 06:50 | 沖縄 | Comments(4)

浦内川ジャングルクルーズ&トレッキング @西表島

心の片隅にある「石垣島に行きたーい」という思いが日増しに大きくなってます。
というのも、ワタシの周りで「石垣島に行ってきます!」という人が多いから。
過去、台風に振り回された夏は回避して(笑)秋以降に行けたらいいなぁ、そんな事を思いながら昨年の”西表島フォルダ”を開けてみました。
さて、久々に西表旅の続きを再開してみましょうか( '◡' )

珍しくアクティブな休日を過ごした西表島。3日目は浦内川クルーズ&トレッキングへ出発。
翌日にこの旅の本丸(?)ピナイサーラの滝トレッキングを予定していて、浦内川はその前哨戦ともいえましょうか。
気合いたっぷりで出発ですっっっ!
c0148238_17034887.jpg
と、張り切って出発したものの、うっかり船着き場を通り越すというミス。
うっかりでは済まされない場所からUターンして、なんとか船着き場に到着(-_-;)
予定通り10:30の船に乗船~!


c0148238_17084677.jpg
そうだった。当日(2016/9/13)は台風が目前に迫ってた頃。
しかし、雨で海遊びがダメでも山遊びを楽しめるのが西表島なのです。
天気予報を見ながら、晴れてそうな滞在前半にイダの浜へ。後半にピナイサーラの滝トレッキングを計画。
この日は特に予定がなかったので浦内川のトレッキングを思い立ったわけです。

さあ、出発の時間ですよ♪

c0148238_17591272.jpg
まずは下流船着場から約30分のクルーズで上流船着場へ。
そこから歩いてマリユドゥの滝展望台⇒カンビレーの滝⇒帰路という行程。


c0148238_12385072.jpg
船頭さんが教えて下さったのですが、西表島には日本産の主要なマングローブの全種類(7種類)が全て生息しているそうです。
貴重な自然に包まれた島なのだなーと改めて実感。
イリオモテヤマネコは島民でもなかなか遭遇しないそうですが、野生のイノシシは見ましたよ。

西表島のお話を聞いてるうちに上流船着場に到着です。

c0148238_21502542.jpg
船着場付近からの眺め。ん~、いい感じだ♪
ここから滝を目指してトレッキング開始~。

c0148238_21510377.jpg
↑こんなふうに舗装されてる道は最初だけで途中からは山道です。
暑さと日頃の運動不足もあってか段々疲れて無口になる(笑)

歩き始めて30分位かな?
マリユドゥの滝展望台に到着~!!
c0148238_21513953.jpg
c0148238_21520991.jpg
日本の滝100選に選ばれたマリユドゥの滝を眺めながらクールダウン。
ここからもう少し歩いてカンビレーの滝を目指しますよー。

c0148238_22231909.jpg
カンビレーの滝までの15分位が結構しんどかったなぁ。
ひたすら黙々と歩いてたような記憶(u_u;)

c0148238_21523995.jpg
山道を抜けると目の前にカンビレーの滝!
轟音を立てて勢いよく岩肌を水が流れる光景は気持ち良いものです。


c0148238_21531897.jpg
c0148238_23195613.jpg
ポットホール(川の流れによって小石が回転して川底の岩石にできた穴)も沢山見えました。
長い年月をかけて成長した穴と思うと神秘を感じますね。
ここで疲れを癒しながらのーんびり過ごしたいところですが、帰りの船の時間まで45分。
往路の時間を逆算するとギリギリだ~!と、一目散に引き返したワタシ達でした。

カンビレーのカン=神 ビレー=座る という意味との事。
「西表島の15人の神様が集まって島づくりの談合をした聖地」という言伝えがあるそうですよ。

・・・

ホテルに戻ってプールでクールダウン中に大粒の雨が降ってきた~!
海から聞こえる波音もザッパーン・・・と荒々しい音。
いよいよ台風が迫ってきてるのねぇ。
c0148238_23374297.jpg
さーて、翌日はいよいよピナイサーラの滝トレッキング。
どうなることでしょう?



[PR]
by yur-cafe | 2017-08-14 23:40 | 沖縄 | Comments(2)

2日目のサンセット @西表島

西表島2日目。
イダの浜で半日過ごした後は滞在先の上原港周辺までのんびりドライブ。
気の向くままに車を停めては海を眺めながら走るとしましょう。
c0148238_23484711.jpg
ここは何というビーチだったかな?
海は何処だって綺麗だから、もう何ビーチとか覚えていられない(笑)


c0148238_00041344.jpg
こちら、星の砂で有名な「星砂の浜」。
西表島の海は何処も独り占め状態だったけど、ここだけは流石に人が多かったです。
遠浅なので小さなお子さんも安心して遊べるのでしょうね。
もちろん透明度もバッチリでシュノーケリングも楽しめそう。

そうそう、星の砂も簡単に見つかっちゃうんです。
まさに「星砂の浜」なのでした!


c0148238_23490052.jpg
星砂の浜の近くの中野海岸は穴場かも。
誰もいないビーチを独占ですよ~!


c0148238_23490791.jpg
ここもご機嫌な眺めだったぁ。


c0148238_23492161.jpg
実は道路沿いのパイナップル畑の一角なんですけど(笑)何度通っても気になる景色だったので、旅友に車を停めてもらっての1枚でした。


c0148238_23494073.jpg
西表島2日目のサンセットは雲が多めの優しい色に。


c0148238_23495041.jpg
波の音しか聞こえない静かな静かな時間。
時計なんて気にしないで過ごせる旅時間って、なんてシアワセなんだろ~!



[PR]
by yur-cafe | 2017-02-07 06:31 | 沖縄 | Comments(2)

子午線モニュメント @西表島

子午線とは子(北)と午(南)の方角を結ぶ線(経度)のこと。
↑天体は大好きなのですが、こういう勉強は大キライなワタシです(u_u;)
1997年に西表島の祖納という所に123度45分6,789の子午線が通っていることが発見され、それを記念してモニュメントが建てられたそうです。
イダの浜の帰り道に通るはずなので気にしながら走っていると・・・
c0148238_11111585.jpg
あった、あった!見つけましたー。
”4”がズッコケ(死語ですか?笑)てますけど123 45 6789と綺麗に並んでます♡

c0148238_11112055.jpg
c0148238_11112970.jpg
ドーム状のモニュメントは毎晩19、20、21、22時に空に向かってレーザー光線が照射されるんですって。
(ワタシは残念ながら見てないんですけど、写真で見たらカッコ良かったですよ~)


そうだ、カーナビでも123°45’6,789’’の記念撮影してみよ・・・
c0148238_11113310.jpg

と、思ったのだけど、どうしても揃った状態は現れず。でした。
子午線のモニュメントはわざわざ行く程ではないかもしれないけど、近くを通るなら是非寄ってみて下さいね。


この日のランチは時間がなかったのでおにぎりでも買って簡単に済ませる事にしました。
c0148238_11113932.jpg
島にコンビニはないけどスーパーは何軒かあるので、ちょっとした買い物は心配いりません。
でもお弁当系はお昼時を逃すと品数はかなり少ないようです。
14時前に買い物に行ったら既に選べる状態ではなくて
c0148238_11114545.jpg
なんとか残っていたサンドウィッチをゲット出来ました~(ほっ)
お値段はコンビニで買うのとそんなに変わらないかな?
なかなか美味しかったですよ♪

ドライブ途中に展望台から熱帯雨林を~!
c0148238_11115294.jpg
c0148238_01163607.jpg
まるでグリーンの絨毯!
西表島の雄大な自然にただ、ただ圧倒されるばかりなのでした・・・。



[PR]
by yur-cafe | 2017-02-01 00:40 | 沖縄 | Comments(2)

西表島の秘境ビーチへ -2016.9

西表島の西側に船浮(ふなうき)という、船でしか行くことのできない小さな集落があります。
その船浮集落に西表島で一番綺麗といわれる「イダの浜」という秘境ビーチがあると知ったら、、、行かないワケにはいきませんよね。
ツアーに入らなくても定期船を利用して簡単に行けそうなので自力で行ってみることに。

まずはレンタカーで白浜港へ。
白浜港から船浮港までは約10分の船旅ですよー。
c0148238_22335795.jpg


という事で、あっという間に船浮に到着。
秘境ビーチまでは歩いて10分位らしい。
c0148238_23143914.jpg
船浮集落は人口50人程の小さな集落ですが、港の近くには民宿や食堂があるので観光客の宿泊も可能。
小中学校もあって、ワタシが行った日はちょうど運動会の前日だったようで音響のテストが行われてましたよ。

さ、イダの浜へ向けて出発~!
c0148238_22345402.jpg
c0148238_22350445.jpg
ギラギラの太陽が暑いーーー(>_<)

c0148238_22352154.jpg
緑に囲まれた小道をてくてく、てくてく・・・

見ーえーたー♪

c0148238_22353936.jpg
この青が見えた瞬間が堪りませんね。

c0148238_22354798.jpg
c0148238_22355327.jpg
c0148238_22361612.jpg
ひゃ~っ、美しいっ(๑>◡<๑) 遠浅のサンゴ礁の海ですよ!
到着した9時頃は殆ど人がいなくて独り占め状態という贅沢時間を過ごさせて貰えました~。
西表島に着いてすぐに行った「南風見田の浜⇒」も綺麗だったけど、イダの浜は船に乗ってのプチ冒険旅だったので感動もひとしお❤

シュノーケルセットと防水カメラを持参したので、折角ですから海の中の写真もね。
このビーチは”右側と左側では海の様子が違うので全体的に見ると良い”という事なので頑張って泳いでみると、、、ナルホド!
左側は青や黄色のトロピカルな小さなお魚さんが多く、右側に行くと悠々と大きな魚が泳いでるのを多く見かけました。
こちらは右側にいた面白顔の大きなお魚さん。
c0148238_22362624.jpg
目がまん丸!砂の中にエサがあるのかな?必死な形相ですよ(笑)
体が揺れないよう旅友に支えてもらったのに、写真の出来が相変わらずなのが残念だ(-_-;)

アラックさんより情報を頂きました。
この魚は「ゴマモンガラ」といって、砂地に山のような巣を作っている時期なら産卵期。
産卵期以外は安心ですが、産卵期は襲われるので近づかないように。との事です。
貝や珊瑚も噛み砕く頑丈な顎と鋭い歯があるそうで、ダイバーの中ではサメよりも恐れられているとか。
この魚を見たら速やかに離れましょうね。

そういえば旅友が宮古島の海で魚につつかれて血が滲むような傷をつくり(小さな傷)、浜辺で呆然と体育座りをしてたことがありました(笑)
断りもなく陣地にズカズカ入り込んでるわけですから、お魚さんだって怒りますよね(^^;


シュノーケル後は海を眺めながらぼんやり。
・・・のつもりが、暑さに耐えられず撤収ー!

実はこの旅に備えて小さな日よけテントを購入したんです。
が、家で練習した時は大人2人が座れるスペースがあったのに荷物があると全く余裕ナシ。
しかも暑くて着替えするのも発狂しそうだったわ(°°;)
(↑何れもスレンダーな方なら問題ないかもしれませんが。笑)
冷房が効いた部屋で練習した時はウキウキしてたのにね。
その落差に旅友と大爆笑です。
快適な海時間を目指して購入したテントなのに、単なる荷物置き場になるとは(笑)

c0148238_22363536.jpg
船に乗らないと辿り着けない秘境ビーチ。
台風前だったので当日まで不安だったけど、極上の青い海と青い空をありがとう!



[PR]
by yur-cafe | 2017-01-30 01:46 | 沖縄 | Comments(6)

サンセット @西表島

c0148238_12220547.jpg
西表島での滞在は4泊5日。
出発前の予報では天候はあまり期待出来ず、ましてや綺麗な夕日なんて頭にもなかったのに意外にも初日と2日目は綺麗な夕日。
カメラを持ってビーチへ行ってみよ。


c0148238_12221760.jpg
東京より1時間近く日没が遅いので、ちょっぴり得した気分。


c0148238_12223023.jpg
18:40頃(2016/09)オレンジ色に染まってきたー。


c0148238_12230297.jpg
夕日に誘われて沢山の人が集まってきました。
同じ時、同じ場所、に居合わせた方々と幸せを分け合うって心が温まる( ˇ◡ˇ )


c0148238_12225393.jpg
最後は雲に隠れてしまったけど、ワタシにとっては”棚ぼた的”サンセット。
綺麗な夕日を見られて楽しかったー!


c0148238_12232199.jpg
ランプの明かりにトッケイ。
あぁ、やっぱりバリ島を思い出しちゃう。
どうしたって心の中から離れないね。バリってとこは( ˇ◡ˇ )




[PR]
by yur-cafe | 2016-11-25 18:20 | 沖縄 | Comments(0)

ドライブ @西表島

西表島の定番観光地の一つに由布島があります。
島といっても西表島から遠浅の海を約400m渡るだけなのですが、その移動手段となる水牛車が観光名物。
移動の所要時間は約15分とのこと。

口コミを読むと「わざわざ行かなくても・・派」と「意外と面白いのでオススメ派」に分かれていて、非常に悩ましかったけど(笑)ホテルに向かう途中にあることだし、とりあえず水牛車乗り場まで行ってみる事に。

c0148238_02045808.jpg
ところがポツ、ポツ、ポツ、ザーーーッ。雨がきたぁ!(笑)
高速船から西表島が見えた時、明らかに黒い雲がかかっている場所があったのだけど、どうやらその雲に辿り着いたらしい。
八重山の島々の中でも年間候降水量が多い島との事ですが、この時期は台風も迫っていたので不安定な天候になるんだろうなぁ、と、あまり嬉しくない予感(-_-;)


雨の中、そろそろ到着です。
駐車場から乗り場までの道は色んな種類のハイビスカスを楽しめましたよ。
c0148238_02063053.jpg
二段に咲いてるハイビスカスは「フラミンゴ」という種類で、レッドフラミンゴとオレンジフラミンゴがあるそうです。
ピンクのハイビスカスも可愛いですね。


そして水牛車!
c0148238_02052809.jpg
c0148238_02055801.jpg
雨模様だったので数は少なかったけど、水牛達の様子を拝見できて満足、満足。
観光客が多い時はレースの如く一斉に歩き出すそうで、その壮観さも眺めたかったな(笑)
あ、水牛車を見たら満足して結局は由布島に渡りませんでしたの(^^ゞ


c0148238_02071958.jpg
ドライブ再開すると青空も戻ってきたぞ❤


c0148238_02074957.jpg
ここはヒナイ川を渡る船浦海中道路で、西表島で一番長い直線道路なんだとか。
車を停めて少し歩いたり景色を眺めたりしてみましたが、この道路はスピードの出し過ぎで事故が多い場所なので注意が必要との事(°°;)
確かに、交通量は少ないのですが飛ばしてる車が多かった気がします。(よく見ると怪しいタイヤ痕もあるし・・・)
道路を渡る時は右見て、左見て、もう一度右見て、からですよ(笑)


c0148238_02081932.jpg
橋を下りてみると幻想的な景色が。
でも日差しが熱かったなぁ。


そうそう、西表島ならではの標識を紹介。
c0148238_02085195.jpg
c0148238_02092122.jpg
やっぱりコレです。
絶滅危惧種であるイリオモテヤマネコの保全活動が島全体で行われています。
イリオモテヤマネコの死亡率第1位は車の事故によるものなので「ゆっくり走ろう西表島」と、至る所で注意喚起を促す看板が立てられてました。
目撃情報があった場所には目撃された日時が記載された看板も設置されてましたよ。

絶滅を防ぐためにも「ゆっくり走ろう西表島」で安全運転でドライブしましょうね。



[PR]
by yur-cafe | 2016-11-21 18:18 | 沖縄 | Comments(2)

そうだ 西表島 行ってみよう

c0148238_19133469.jpg
具志堅さん、また来たよー! @石垣港離島ターミナル

はい、いよいよ向かうは西表島!
西表島には上原港と大原港の二つの港がありますが、今回はレンタカーを借りる関係で大原港行きに乗船です。


c0148238_19135869.jpg
さ、うみかじ号で出発でーす。
約40分の航路、どうか揺れませんようにーーー(>_<)

・・・結果、念のため酔い止めを飲んだものの、拍子抜けする位に静かな船旅でした。(ほっ)


という事で、船酔いもせず無事に西表島に到着!
レンタカーを借りたら滞在する上原港近くまで観光を兼ねて早速ドライブ開始。
島の90%が亜熱帯ジャングルという自然豊かな西表はどんな場所なんだろうか。
c0148238_19140575.jpg
c0148238_19141309.jpg
港周辺は住宅街ですが、ほんの数分でワタシ達のハートを掴む長閑な景色が目の前に。
西表島=ジャングルだったけど(笑)こういう長閑な場所も沢山あってドライブが楽しい♡


まず最初の目的地は島の南側を走る道路の終点。
そこから林道に入って車で行ける最終地点へ。
そしてこの道を歩く先に美しいビーチがあるはず。
c0148238_19142875.jpg
鬱蒼とした木々の中を歩いていると煩い位の蝉や鳥の鳴き声が響き渡ります。
まさにジャングルを彷徨ってるかのようだったなぁ。


c0148238_19144642.jpg
見えたーーー!
こちらは西表島の南端、島で一番のロングビーチの「南風見田(はえみだ)の浜」。


c0148238_19152753.jpg
c0148238_19151607.jpg
誰もいない海を独り占め~。
期待を裏切らない透き通った綺麗な海だわぁ。


c0148238_19153718.jpg
そして背後を振り返ればジャングル!
ここでうっかり昼寝し過ぎて日が落ちたら泣いちゃうだろうな(笑)


c0148238_19154840.jpg
あぁ、なんて綺麗な海(๑>◡<๑)
アドベンチャーの始まりです。




[PR]
by yur-cafe | 2016-11-18 13:39 | 沖縄 | Comments(6)

白保さんぽ

日曜の朝(@石垣島)は白保日曜市を目指してドライブ。
c0148238_13113781.jpg
日曜市は白保集落内にあるWWFサンゴ礁保護研究センターの「しらほサンゴ村」で開催され、地元で収穫された野菜、地元食材で作られたお惣菜、手作りの民芸品などが売られているんですよ。

2005年に月1回のペースでスタートしたそうですが、現在では毎週日曜に開かれる人気の朝市になったそう。それ故に駐車場は常に満車状態でした。


c0148238_10470653.jpg
さぁ、しらほサンゴ村に到着。
会場はコンパクトなので簡単にぐるっと周れます。
美味しそうな食事、ドリンク、石鹸、化粧品、織物、、、パッケージも可愛いのが多くて欲しくなるものばかり。
生産者の方と直接お話しができるのも魅力の一つです。

「カナッぱセット」という、おにぎりと椀物、副菜3種がついたセットを食べたかったのですが、あいにく朝食を済ませた後でランチにはまだ早い時間。
いつか日曜の朝に石垣から移動する日が重なれば、空港に行く前に寄ってみたいな、と。
今回は手作りのコースターをお土産に買って帰りました。

海やサンゴ礁を中心とした自然に関する書籍やパネルが並ぶコーナーもあり、白保の自然や文化を学べる場となってました。


せっかく白保に来たのだから海も見ていかなくちゃね。
c0148238_13121763.jpg
穏やかで波もない綺麗な青にうっとり。
昨年出会ったおじぃ3人組に再会出来たら・・・と思いましたが、残念ながら会えず(涙)
きっとまたいつか会えるよね!と願いながら白保の海をあとに。


c0148238_13135323.jpg
c0148238_13142479.jpg
c0148238_13145475.jpg
最後は集落内を少しだけ散歩。
珊瑚の石垣とフクギ並木の道、木造赤瓦の家も多く残っていて、白保もまた古くからの沖縄を感じられる集落ですね。

c0148238_13152409.jpg
「十五夜のど自慢大会」のチラシに癒される~(笑)



[PR]
by yur-cafe | 2016-11-14 12:00 | 沖縄 | Comments(4)


旅と日常のエピソード


by miyo

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
Bali
Lombok
Hawaii
台湾
France
北海道
東北
鎌倉
伊勢志摩
中部
関西
四国
山陽
九州
沖縄
よもやま話

タグ

(305)
(175)
(110)
(92)
(64)
(43)
(39)
(36)
(29)
(24)
(18)
(17)
(17)
(14)
(14)
(14)
(11)
(11)
(9)
(9)

ブックマーク

お気に入りブログ

BAGUS!
もひょつんち
太陽と南の島
天国の入り口
ShinjiのPhoto...
もっと歩々晴天
Slo-Mo Life ...
Rise覚書
Sky is the l...
ぴっから~
* Happy Slow...
LE FOTO
おマメ日記
fufu log
Msphoto
気ままにオージーLIFE
ENAK!DAYS
cahier de vo...
Tiny Happy Days
おマメ日記+plus
沖縄の休日
Travel is my...
ねこのため息
旅色ゆるるん
Travel is my...
沖縄の休日2
バリ島大好き

最新のコメント

+bemntyさん、こん..
by yur-cafe at 23:32
+アラックさん、こんばん..
by yur-cafe at 23:25
トレッキングとカヌーで滝..
by bemnty at 08:56
西表島の楽しみは、いや醍..
by umi_bari at 07:31
+アラックさん、こんばん..
by yur-cafe at 01:13
残暑お見舞いではなくて、..
by umi_bari at 21:58
+ヒヨコさn、こんばんは..
by yur-cafe at 23:33
+アラックさん、こんばん..
by yur-cafe at 23:31
寒天だとヘルシーでいいで..
by hiyoko at 16:43
寒天、ゼリー、ババロア、..
by umi_bari at 22:08

最新の記事

ピナイサーラの滝ツアー*ジャ..
at 2017-08-17 09:03
ピナイサーラの滝ツアー*初の..
at 2017-08-16 06:50
浦内川ジャングルクルーズ&ト..
at 2017-08-14 23:40
プルルンが美味しい飲む寒天
at 2017-08-08 20:10
またまた夏の嬉しい贈り物が
at 2017-08-07 21:01
夏の嬉しい贈り物
at 2017-08-05 01:17
剝皮寮にて @台北
at 2017-08-03 01:30
問屋さん街を歩く @台北
at 2017-08-02 00:40
夜はロマンチック? @台北車站
at 2017-08-01 09:10
熱沙でカンパイ*打咔生猛海鮮
at 2017-07-26 13:00

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..

ブログパーツ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事