人気ブログランキング |

カテゴリ:九州( 30 )

行き交う船を眺める


旅友のお気に入り場所に連れてきてもらいました。
関門海峡と関門橋を眺められる場所です。
c0148238_20530515.jpg
関門橋の下を行き交う貨物船は1日500隻とか。
うん、これはずっと眺めていられますね。

友達とベンチに座ってお喋りも良さそうだし
一人で読書を楽しみながら過ごすのも良さそう。
ここが近所なら度々来てしまいそうです。

それにしても、目の前の対岸が本州だなんて。
せっかくだから泳いじゃいましょうか!(笑)
・・・は無理だけど歩いてみましょうかね。


「関門トンネル」で海底散歩へ。
c0148238_20532470.jpg
下関までは780メートルですって。行ってきます!

通行人は意外と多く、ランニングしてる人もいました。

c0148238_20532997.jpg
県境までやってきましたよ。
こういう境目って妙にテンション上がる(笑)

そして
c0148238_20582133.jpg
はい!下関に到着です。


c0148238_21330605.jpg
下関側からの関門橋を眺めて・・・


c0148238_20582995.jpg
また門司側へUターンです。

景色を眺めたり県境で記念撮影した時間を含めても
往復1時間弱だったと思います。


c0148238_20585702.jpg
また門司に戻ってきましたよ。
日が傾いた頃も良い感じです。

楽しかったなぁ。



by yur-cafe | 2019-03-24 22:22 | 九州 | Comments(2)

門司港レトロ


昨年の春の旅メモの続きを。
大阪京都→広島→九州に入って糸島や呼子を巡り
九州の最後は博多で一杯・・・のつもりが
ホテルが軒並み満室だったので小倉に一泊。

まずは定番観光スポット、門司港レトロへ。
明治から昭和初期に建築された建物が残っています。
こちらは門司港地ビール工房。
c0148238_18570236.jpg
元々は船舶用品の倉庫だったそうです。
現在はビアレストランとの事ですよ。


そうそう、門司港はバナナの叩き売りの発祥地。
週末にやったりするそうですが、この時は遭遇せず。
見てみたかったんだけどなー。残念。

c0148238_18570715.jpg
お土産屋さんやカフェが並ぶ
賑やかなエリアをぶらぶら歩いていると
マジックショーのカード選びに任命された!


c0148238_22470804.jpg
選んだカードはやはり予想外の場所から。
間近で見ててもさっぱり分からず(笑)


お、跳ね橋が上がり始めましたよ。
c0148238_18572031.jpg
一日に6回、開閉があるそうです。
橋を渡ろうとした時にちょうど開閉にあたりましたが
これが結構時間がかかるんです。
風情はあるけど、待つには長かったかな(笑)



by yur-cafe | 2019-03-24 21:56 | 九州 | Comments(0)

美しい棚田


呼子のイカを堪能した後は海沿いドライブ。
c0148238_18133217.jpg
c0148238_18133748.jpg
下り坂から海が見えた瞬間って
胸が高鳴るなぁ。いつでも何処でも。

さーて、
海沿いドライブを楽しみながら到着したのは・・・
c0148238_18134189.jpg

浜野浦の棚田(佐賀県玄海町)でした。

c0148238_18135236.jpg

棚田のグリーンの先に真っ青な海。

こんな素敵な景色を独り占めって
なんて贅沢なんでしょうか!

海まで歩けそうなので行ってみましょうかね。

c0148238_18135830.jpg

あぁ、良い景色だなーーー。

c0148238_18140461.jpg

棚田を間近に眺めながら・・・

c0148238_18141052.jpg

てくてくと・・・

c0148238_18141628.jpg
静かな入り江で深呼吸。
良い景色をどうもありがとう。


by yur-cafe | 2018-12-09 18:41 | 九州 | Comments(2)

イカ食べ行こう

糸島を後に、この日は佐賀県の唐津城の近くで一泊。
唐津の夜は美味しい居酒屋さんでご機嫌な夜を過ごしましたよ。


宿の近くの居酒屋「大八車」さんへ。
c0148238_17324717.jpg
早速お店に入るとほぼ満席状態。
観光客にも地元の方にも人気です。


まずはお刺身盛り合わせを~
c0148238_13142640.jpg
もちろん新鮮で美味しい。

何を食べても美味しかったのですが
特筆すべきは、大八すり身天。
c0148238_13143050.jpg
野菜と魚のすり身を揚げたとの事ですが
ほのかな甘さが広がって美味しい~!
ふわっふわの食感も堪りません。
地元の方はお土産に持ち帰るようですよ。
これは確かに嬉しいお土産だと思うわぁ。

他にもアスパラフライとか、さつま揚げとか
なんでも美味しいので食べ過ぎてしまった。
ご馳走様でしたー。


さて翌朝・・・
佐賀に来たのは”呼子のイカ”が目当て。
博多の居酒屋で必ずオーダーする呼子のイカを
現地で食べてみようという魂胆です(˶′◡‵˶)
c0148238_13145404.jpg
今回は旅館の朝食をつけずに
呼子の朝市に来てみましたよ!


c0148238_13144258.jpg
あちらこちらで新鮮なイカが沢山。
買いたいけど移動時間が長いので買えず(涙)
干物を持ち帰れないものか聞いてみたのですが
これからもう一泊して帰る事を伝えると
「売れません」との事で泣く泣く断念・・。


c0148238_13144749.jpg
良い匂いだ~。


c0148238_13150471.jpg
c0148238_13151028.jpg
ぐるぐるイカ干し中~(笑)


c0148238_13151869.jpg
もう少しスピード感出してみたよ(笑)


c0148238_13143535.jpg
最後に港を散歩。


さーて、そろそろ朝ご飯!
朝市から移動して「河太郎」に行くと
口コミ通り開店前から大行列 (u_u;)
で、隣の「呼子台場みなとプラザ」へ。

買ったものを食べるスペースがあるそうで
活イカを選んで(グラム売りしてもらえる)
その場でお刺身にしてもらいます。
他にもイカの天ぷらやご飯もチョイス。
c0148238_13153074.jpg
c0148238_13154078.jpg
c0148238_13154936.jpg
お待ちかねの呼子のイカ( ˇ◡ˇ )
甘くてコリコリした食感です。
おいしゅうございました!!
天ぷらも美味しかったし満足満足♪


c0148238_13152549.jpg
今日も海が青いぞぉー♡



by yur-cafe | 2018-12-05 23:20 | 九州 | Comments(2)

PALM BEACH@糸島

今年6月の旅日記の続き・・・
伊根→京都→尾道→鞆の浦と巡り博多で旅友と合流してレンタカーを借り、目的地に行く前に糸島に寄ってみました。
糸島のあちこちに人気スポットがあるようですが、時間がないのでパームビーチの辺りへ。
なるほど、、、ここは女子ウケしそうな可愛いスポットです。


c0148238_18253636.jpg

わーい、海だーーー。

c0148238_18254197.jpg
FIND THE WING?
波乗りしてる方が多いのでてっきり”WIND”
かと思ったらWINGだったか・・・
羽、羽、羽・・・

見ーつけた!

c0148238_18254650.jpg
おぉ、テレビでも見たことあるぞ~。
出川哲郎の充電バイク旅で見た羽だぁ。

c0148238_18255536.jpg
楽しそうに写真を撮る方が大勢です。
ワタシは恥ずかしいので見るだけで満足(笑)


海も楽しそうですよ。
c0148238_18260424.jpg

戯れる若人

c0148238_18261671.jpg

そしてサーファー達

c0148238_18291456.jpg
c0148238_18292090.jpg
c0148238_18292762.jpg
海を見渡せる席がずらり並んで・・・
夕暮れ時は綺麗だろうなぁ。

c0148238_18293352.jpg
なんてったって青空と海は最高だね♪



by yur-cafe | 2018-11-30 18:30 | 九州 | Comments(2)

天岩戸神社へ

車窓から美しい棚田を眺めながら向かった先は天岩戸神社。
前日の夜、夜神楽を観たこともあって楽しみでした。

鳥居をくぐる時はなんかこう、、、身も心も引き締まる思いがしますね。
新緑も綺麗。やっぱりこの季節が好きだなぁ。
c0148238_00122675.jpg
c0148238_00113034.jpg
天岩戸神社は岩戸川をはさんで東本宮と西本宮、そして川上に天安河原がありますが、今回は西本宮と天安河原のみお参りしました。


まずは西本宮の拝殿へ。
c0148238_00305469.jpg
中に入ると拝殿の他に、長野県の諏訪と天岩戸神社にしかない品種の古代銀杏、それに神楽殿も。
とっても良い雰囲気でしたよ。
この後は西本宮の裏門を出て天安河原へ向かいます。

途中、お土産屋さんや甘味処が並ぶ歩道で懐かしい男の子&女の子に再会♡
c0148238_22570148.jpg
なんか久しぶりに会った気がするぞ(笑)

お土産屋さんの通りを過ぎ、天安河原までの小道を歩く事15分位でしょうか。
日本神話に登場する”天照大神が岩戸に隠れた際に、八百万の神々が河原に集まって神議した”と伝えられる洞窟に到着。
洞窟の中に鳥居があり、そこで石を積みながら祈ると願いが叶うと言われているそうですよ。

しかしこれ、知らずに行ったらかなりコワイかもー。
願掛けの三段重ねの小石が無数に広がる様子はちょっと不気味です(^^ゞ
c0148238_00113436.jpg
この写真は洞窟の中から岩戸川を眺めたところ。
清々しいです。

そうそう、写真の下に見える積み重なった石が先程の願掛けの石なんですよ。
誤って蹴飛ばしたりしたら罰が当たるんじゃ?なんて気がしますが、ワタシはこの旅行の前に旅番組でこちらを紹介してたのを見てたので平気でした(笑)
出演してたタレントさんが「自分が積むための石がない」と戸惑っていると、案内していた神職の方が「その辺の石を崩して積めばいいんですよ」的な事を言って、いとも簡単に何方かが積んだ石を崩したんです。
おぉ、なんて勇気ある行為!だけど、神職さんがOKなんだからそういうものなのでしょう。

初めてバリに行った時に道端のチャナンを蹴飛ばして「どうしよう」と呆然とした思い出があるけど(笑)チャナンはお祈りが済んだらゴミ箱に捨てられるように、小石もお祈りが済んだ後は「ただの石」って事なんでしょうね。


さて、この後は高千穂から熊本に戻ります。
高千穂は1泊だけだったけど、高千穂峡や夜神楽など濃密で楽しい旅行でしたー。



by yur-cafe | 2018-02-15 10:38 | 九州 | Comments(2)

高千穂の棚田

中途半端になっていた高千穂メモの続きを。

高千穂町をドライブしていると目に入るのは美しい棚田。
中心部から天岩戸神社に続く県道7号線沿いの「栃又(とちまた)棚田」は日本の棚田百選に選ばれているそうです。
c0148238_00110137.jpg
c0148238_00111194.jpg
ワタシが行った時期は6月で田植えが始まった頃でした。
静かで長閑な景色だったなぁ。


c0148238_00110622.jpg
奥に見える橋は高千穂鉄橋で、前日に観光で乗ったトロッコ列車が走る橋。
トロッコ列車に乗ってる時に手を振ってる方が見えたのですが、この辺りからだったのかな?


そうそう、棚田に行く前に「高千穂がまだせ市場」という所に寄ってみたんです。
地元愛溢れる品がたくさん並んでいましたよ。
c0148238_00111598.jpg
野菜の陳列の上にはそれぞれの野菜を使ったレシピも。
こういうの、なんか良いですよねー。
ワタシはこの後に熊本で一泊する予定だったので野菜は買えませんでしたが・・・

ドライブのお共に「ちほまろ」という甘酒と乳酸菌飲のドリンクを買ってみました。
c0148238_01195216.jpg
ワタシ、甘酒が割と好きなのです。
が、これは微妙な味わい・・・だったかなぁ(^^;
(記憶が曖昧ですが、薄いヨーグルトドリンクに甘酒の味が少し足されたような感じ?)
しかし飲む点滴といわれる甘酒と乳酸菌などの栄養を摂取出来るワケですから、健康を意識して飲むのが正解なのかも!

それから、高千穂をドライブ中に疑問に思ってた事がここで解明しました。
c0148238_00112666.jpg
こちらはお店の入口ですが、ドアの上に正月飾りのようなものが飾られてますよね。
こういった飾りが高千穂の家々の玄関に飾られていて、これは神楽と関係するのだろうか?と不思議に思っていたんです。
そこでお店の方に訪ねてみるとズバリ「正月飾りです」と。
ん?6月なのに?
そうなのです。高千穂では正月に飾って一年間飾ったままにするんですって。
「神様と暮らす町」なので当たり前の事みたい。
これから高千穂を旅する方、是非しめ飾りにも注目してみて下さいね。

高千穂ドライブはまだ続きますよー。



by yur-cafe | 2018-02-05 00:40 | 九州 | Comments(4)

おぼろ月夜に神楽を

高千穂では毎年11月中旬から翌年2月上旬にかけて、町内二十の集落で夜神楽が奉納されます。
氏神様を神楽宿(民家や公民館)にお招きし、夜を徹して三十三番の神楽を奉納する神事で、ちょうど今頃の季節は地域の方や観光客で賑わっているのでしょうね。

さて、夜神楽は期間限定ですが、高千穂神社では気軽に楽しめる「高千穂神楽」が毎日20時から1時間の公演があります。
演目は三十三番の中から代表的な四番で、町民の方のボランティアで行われてるそうです。

夕食後、ホテルの送迎車で高千穂神社へ。


c0148238_13085430.jpg
こちら、神楽が舞われる舞台「神庭(こうにわ)」の飾り。(この飾りの下が舞台)
神庭は四方を彫り物という紙細工で囲み、更に七五三縄(縄の束が3本、5本、7本になっている縄のこと)を飾るそうです。
写真では分かり難いですが、舞台奥に天照大神が隠れた岩戸のセットがあります。

正直いうと観光の一つとして”なんとなく”訪れた高千穂神楽ですが、舞台を見た瞬間に神聖な気持ちに。
時間がくるまでにこれから始まる神楽のストーリーを予習しておかなくちゃ。

①天照大神が隠れている天岩戸を探し当てる「手力雄の舞」から始まり⇒②天岩戸の前の舞神楽で天照大神を誘い出す「鈿女の舞」⇒③「戸取の舞」で二枚の岩を開いて天照大神を迎え出す、という流れだったと思います。

さ、太鼓と笛の音色で始まります・・・
c0148238_13090210.jpg
c0148238_13091007.jpg
c0148238_13092005.jpg
c0148238_13093123.jpg
ここまでは厳かな雰囲気でしたが、最後の「御神体の舞」は一転して笑いが止まらない内容に。
五穀豊穣、家庭円満の願いが込められた舞との事ですが・・・

男女の神様が仲良くお酒飲んでるうちに酔いが回り、浮気心を出した男神が客席の女性に飛び込んできてちょっかいを出す⇒女神が連れ戻す⇒今度は女神が客席の男性にちょっかいを出しにやってくる⇒男神様が焼きもち(笑)

これがコミカルで面白いんですよ~。
面を付けてるのに二人の会話や表情まで見えるよう。
さっきまで静かだった会場も、この時ばかりは笑いが絶えませんでした。
c0148238_13134586.jpg
ちなみに、この時に触られた方は無病息災のご利益があるそうですよ。是非、積極的に触られましょう(o^-^o)
演目が終わった後の挨拶も冗談を交えながらの楽しいもので、和やかな時間を過ごせました。
いやぁ、楽しかった!!

参考までに、19時から会場に入れますが席は早い物順なので早めに到着した方が良いでしょう。
それから、畳敷きなので正座が苦手なワタシは足が辛かった(^^;
座布団を貸してくれる宿もあるので、心配な方は持っていっても良いかも。

・・・

この日、6月9日は年に一度のストロベリームーンが見える日でした。
c0148238_13094661.jpg

高千穂神楽が終わって神社から空を見上げると、おぼろ月の柔らかい光が。
ストロベリームーンじゃなかったけど高千穂の神聖な空気にはおぼろ月が似合います。
あぁ、良い一日だったな。



by yur-cafe | 2017-11-30 18:32 | 九州 | Comments(0)

新緑が眩かった

いつか絶対に高千穂へ行ってみたいなー、と思うようになったのは「宮崎をどげんかせんといかん!」という言葉が流行した頃だから、かれこれ10年も経ってしまったのかも(-_-;)
行くなら新緑の頃に、、、と思っていた事と、九州には天草とか桜島とか行きたい所が多すぎて、なかなかタイミングを計れなかったのです。

その高千穂の代表的な観光スポット「高千穂峡」にやって来ました。
早速ボートを借りて乗り込みましょう。
c0148238_18533967.jpg
鴨が先導してくれましたよ(笑)


わーーーぁ♡
c0148238_18534400.jpg
これだよ、これが見たかった!
めちゃくちゃキレイだわぁ。
新緑の頃に来れて良かった。


c0148238_18540178.jpg
この辺はボート渋滞してるけど、「おっとっと、ごめんなさいねー」と声掛け合って、平和的空気が流れてます(˶′◡‵˶)
ボート漕ぎに不慣れで思うように進まず、みんな結構必死で笑えるの(笑)


c0148238_18541119.jpg
この辺でちょっとボートをとめて休憩。
マイナスイオン注入~!


c0148238_18541822.jpg
c0148238_18542555.jpg


もう少し奥まで漕いでみましょうか。
c0148238_18543403.jpg
ボート乗り場の方向を振り返ってみるとこんな感じ。
上に見える橋も良い雰囲気ですね。
ボートは時間によって混雑してたり、空いてたり、でした。
この日は金曜だったので比較的空いてる方なのかな?

そろそろボートを返却の時間です。


遊歩道を歩くと渓谷を眺められる場所があるのでちょっと覗いてみましょう。
c0148238_18544631.jpg
c0148238_18545439.jpg
紅葉の時期も綺麗なんでしょうね。
今度行く機会があるなら紅葉の頃だな!と、つい欲が出てしまう(笑)


c0148238_18550406.jpg
高千穂の神社は縁結びの神社。
ハートの絵馬がカワイイですね。

c0148238_18551234.jpg
こちらは”幸せの黄色いポスト”
このポストからの手紙を受け取ったらもれなく幸せが運ばれてきそうですね。



by yur-cafe | 2017-11-28 20:00 | 九州 | Comments(4)

東洋一の高さの鉄橋

通潤橋を後にこの旅の目的地である高千穂へ。
高千穂というと高千穂峡が真っ先に浮かびますが、まずは昼ご飯!お腹ペコペコ(^^ゞ

「カフェARIGATOーありがとー」へ。
c0148238_09303653.jpg
店内は広々としていて開放的。
大きな窓から景色を眺められるカウンター席も気持ち良さそうでした。

”鶏せせり南蛮”がオススメとの事で、旅友と二人で鶏せせり南蛮と普通のチキン南蛮を。
初めて食べた鶏せせり南蛮は柔らかくて美味しかった!(写真は撮ってなかったみたい)


食後はいよいよ高千穂峡?ではありません(笑)
”東洋一の高さ”といわれる鉄道橋梁「高千穂鉄橋」から絶景を眺められるそうで、行かないわけにはいきません!
乗り場は食事したカフェの近くなので歩いて向かうとトロッコが見えてきましたよー。

こちらは旧高千穂駅構内の「高千穂あまてらす鉄道」(通称”あま鉄”というらしい)
c0148238_09304350.jpg
2005年の台風14号の水害のため廃線となってしまいましが、その後、高千穂町の地元有志が再開を目指して設立した観光用トロッコ列車を運行しているんです。
旧高千穂鉄道は「九州を横断する」という壮大な計画があり、この旧高千穂駅がその拠点駅になる予定だったそうですよ。


c0148238_09305039.jpg
早速チケットを購入し、出発を待つ間に輪投げで遊んでみたけどなかなか難しいもんです。
何度投げても外れてばかりのワタシの背後から「5歳児の遊びものだよ(笑)」と、乗務員の方の冷やかな声が(--,)
10倍近く生きてるのに全く入らないなんて・・・なんでだ?(涙)


c0148238_09305912.jpg
車両基地も残っていて、中を見学する事も出来るそうです。
当時のままの状態で保存されていて、当たり前のように動き出しそう。
そんな状態で保存されている事が嬉しくもあり寂しくもあり、、、ちょっぴり複雑な気分。


乗車の合図がありました。
c0148238_09310590.jpg
このスーパーカート(トロッコ)に乗り込みますよ。
出発進行~!

c0148238_09311305.jpg
乗務員さんの丁寧なガイドを聞きながら景色を楽しみます。
爽やかな新緑の風が気持ち良かったなぁ。

「トンネルの中では天井に注目を」とのアナウンスがあったのですが・・・
c0148238_10160832.jpg
おぉ、イルミネーションだ♪
なんだかタイムマシーンに乗ってるみたいじゃない?(笑)


トンネルを二つ抜けると天岩戸(あまのいわと)駅。
c0148238_09324208.jpg
既に廃駅となっていますが、以前は天岩戸神社の最寄駅だったそうです。


さぁ、東洋一の高さの鉄橋「高千穂鉄橋」が迫ってきましたよ。
c0148238_09313673.jpg
橋の手前で一旦停車して風の状況を確かめ、進行可能であれば渡れるそうです。
風が強かったり視界が悪いと橋を渡らず引き返す事になるそうですが、この日は問題なく進める事に。

橋の中央で停車し存分に景色を堪能出来る時間があります。
乗務員さんの話によると、下を流れている岩戸川から線路までの高さは105メートル。
通天閣の高さ(100メートル)とほぼ同じ高さからの絶景です。
窓ガラスもないトロッコからの眺めですから、慣れるまで少々腰が引けましたけど(>_<)
c0148238_09320509.jpg
c0148238_09321002.jpg
c0148238_09321808.jpg
高千穂は棚田も多く、県道7号線沿いにある「栃又棚田」は日本の棚田百選にも選ばれているそうです。
爽快な景色あり、長閑な景色あり、なんて気持ち良い所なんでしょうか。


c0148238_09315991.jpg
足元は透き通ったガラス張りで105メートル下の様子が見える場所も!
スリル満点です。


c0148238_09322482.jpg
そうそう、橋の上では乗務員さんによるシャボン玉サービスもあるんです。
トンネル内のイルミネーションといい、手作り感満載のサービスに心温まる~。

そろそろUターンして戻ります。


c0148238_09323341.jpg
思った以上に楽しかったー。
6月は新緑が綺麗でしたが、秋は紅葉など季節毎の景色を楽しめそうです。


c0148238_09324984.jpg
高千穂駅に到着!
実はワタシが乗ったスーパーカートは乗客が2組だけだったので、観光スポットとしてあまり認知されてないのかな?と思ったのですが、観光を終えて到着した時には結構多くのお客様が待機中でした。
時間帯や曜日で混雑度が変わりそうなので、特に休日は時間に余裕を持って行った方が良いかも。
高千穂に行ったら「あまてらす鉄道」のスーパーカート、オススメですよー。



by yur-cafe | 2017-11-27 00:15 | 九州 | Comments(2)


旅と日常のエピソード


by miyo

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
Bali
Lombok
Hawaii
台湾
France
北海道
東北
鎌倉
伊勢志摩
中部
関西
四国
山陽
九州
沖縄
よもやま話

タグ

(324)
(201)
(115)
(96)
(95)
(44)
(43)
(40)
(31)
(27)
(24)
(18)
(17)
(16)
(14)
(14)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)

ブックマーク

お気に入りブログ

BAGUS!
もひょつんち
太陽と南の島
天国の入り口
ShinjiのPhoto...
もっと歩々晴天
Slo-Mo Life ...
Rise覚書
Sky is the l...
ぴっから~
* Happy Slow...
LE FOTO
おマメ日記
fufu log
Msphoto
気ままにオージーLIFE
ENAK!DAYS
cahier de vo...
Tiny Happy Days
おマメ日記+plus
沖縄の休日
Travel is my...
ねこのため息
旅色ゆるるん
Travel is my...
沖縄の休日2
バリ島大好き

最新のコメント

+アラックさん、こんにち..
by yur-cafe at 18:36
サヌールの朝をありがとう..
by umi_bari at 13:55
+まりまりさん、こんにち..
by yur-cafe at 16:10
あと、ぜひお伺いしたいの..
by marikkomekko at 18:38
どこらへんなんだろう。田..
by marikkomekko at 18:34
+アラックさん、こんにち..
by yur-cafe at 13:25
ウブド美観地区、良い響き..
by umi_bari at 07:24
+まりまりさん、こんばん..
by yur-cafe at 23:15
+アラックさん、こんばん..
by yur-cafe at 23:14
気になりつつもいまだ行っ..
by marikkomekko at 00:09

最新の記事

Sanur pagi
at 2019-06-20 08:23
田んぼの細道
at 2019-06-11 22:08
福生 R16さんぽ
at 2019-06-07 07:21
ポップな散歩道
at 2019-06-05 19:38
台湾トレンドが盛り沢山 @誠..
at 2019-06-03 19:29
台北のカワイイスポットへ
at 2019-05-29 13:00
爽やかフルーツティー*一芳
at 2019-05-23 18:30
元気の素*天和鮮物
at 2019-05-20 19:07
サヨナラホームラン
at 2019-05-15 12:40
TOKYO
at 2019-05-07 19:51

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..

ブログパーツ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事